2018年04月02日

忘れた過去との遭遇

「大人の本棚 懐手して宇宙見物」 寺田寅彦 池内了編 みすず書房
 2006年

 215p〜
「庭の追憶」より
(生まれ故郷熊本の自宅の庭を描いた絵が偶然上野の美術館にあると聞かされ、会場に出向き、思いもよらぬ、昔と遭遇した驚きを記す)

 「…『秋庭』という題で相当な対幅である。ほとんど一面に朱と黄の色彩が横溢して見るも眩しくくらいなので、一見しただけではこれが自分の昔馴染みの庭だということが飲み込めなかった。

  生まれる前に別れたわが子に三十年ぶりに始めて巡り会ったという人があったとしたら、どんな心持ちがするものか、それは想像できないが、それといくらか似たものではないかと思われるような不思議な心持ちを抱いて、この絵の前に立ち尽くすのであった。

  この絵に対する今の自分の心持ちが、やはりいくらかこれに似ている。はじめ見た瞬間にはアイデンチファイすることのできなかった昔のわが家の庭が、次第次第に狂っていたレンズの焦点の合ってくるように、歴然と眼前に出現してくるのである。

  ことにありありと思い出されるのは、同じ縁側に黙って腰をかけていた、当時はまだうら若い浴衣姿の、今はとくの昔に亡き妻の事どもである。
 飛び石のそばに突兀(とくこつ)としてそびえた楠の木の梢に雨気を帯びた大きな星が一つ、いつもいつもかかっていたような気がするが、それも全くもう夢のような記憶である。その頃のそうした記憶と切っても切れないように結びついているわが父も母も下女も下男も、みんなもう一人もこの世には残っていないのである。
 国展の会場をざっとひと回りして帰りに、もう一ぺんこの「秋庭」の絵の前に立って「若き日の追憶」に暇請(いとまご)いをした。い会場を出ると、爽やかな初夏の風が上野の森の若葉を渡って、今更のように生きていることの喜びをしみじみと人の胸に吹き込むように思われた。去年の若葉が今年の若葉によみがえるように、一人の人間の過去はその人の追憶の中にはいつまでも昔のままによみがえってくるのである。しかし自分が死ねば自分の過去も死ぬと同時に、全世界の若葉も紅葉も、もう自分には帰ってこない。それでもまだしばらくの間は、生き残った肉親の人々の追憶の中にかすかな残像(ナハビルト)のようになって明滅するかもしれない。死んだ自分を人の心の追憶の中によみがえらせたいという欲望がなくなれば、世界中の芸術は半分以上なくなるかもしれない。自分にしても恥さらしの随筆などは書かないかもしれない。
 こんなよしなしごとを考えながら、ぶらぶらと山下のほうへ降りて行くのであった。」

----
なんとも言えない名文です。

posted by Fukutake at 11:34| 日記

2018年03月26日

忘れられる時代の風潮

「中国文明の歴史 11」 中国のめざめ  宮崎 定一
 中公文庫 2000年

(同書 解説より抜粋)370p〜

 (月報「概説と同時代史」より)
 「人間も定年すぎまで生きると、若い年代との間にずれが生ずるのはやむをえない。私の受持ちの第十一巻は日露戦争の直後からであるが、私の幼年の記憶はそのあたりまで遡る。なんでも戦勝祝賀の提灯行列が隣りの町にあって、私はそこで打ち上げられる花火を自分の家の窓から眺めていた淡い記憶がある。だからこのころからは私にとっての現代史なのであるが、近ごろ大学を出たぐらいの人たちには、何だか遠い有史以前の話のような気がして、現代史とは思えないであろう。そこで私にとっては同じ現代史なのであるが、その古い方の部分を特に私の同時代史という名で呼ぶことにする。
 どうせ私の同時代史を書くからには、私は努めて私の皮膚で感じとった当時の雰囲気を後世に伝えたいと思う。ところがこれも、何でもないように見えて、実は案外むずかしいのである。こちらにはわかりきったことでも、少し時代が後の人にはたちまち分からなくなってしまう。人はえてして自分の時代を基準にして過去のことを遡って類推したがるもので、いつもそこにとんでもない誤解が生じ易い。今度の戦争などでもそうだが、戦争は確かに悪い、だから戦争を起こしたのは確かに悪かった。しかし、戦争が起こるまでの世界の動きがどんなものであったか。若い年代の人たちの言っていることを聞いていると、甘い夢のような話がときどき飛び出してくる。他事はともかく、日本といえども、何も好んで戦争に突入したのでないことは確かである。戦前の日本はあらゆる方面で窒息しそうな、締めつけられた姿勢にあったことをどこまで皆が知っているのだろうか。」
 (月報の締めくくり)
 「同時代史を書くには、過ぎ去った時期のムードを批判すると同時に、現時のムードに対しても厳正な批判が必要だ。歴史家は何ものにも溺れてはならない。」
----
至言ここに至る。
posted by Fukutake at 08:04| 日記

2018年03月20日

軍首脳の浅才を恨む

「中国文明の歴史 11」 中国のめざめ  宮崎 定一
 中公文庫 2000年

海軍条約(1921年)

245p〜

 「ワシントン条約は当時激化しかけた軍艦建造競争を中止させ、軍備縮小の名の下に、アメリカの覇権を確立する目的をもっていた。もちろん当の目的は日本の海軍保有量の制限である。
 アメリカは当時世界無比の大艦隊建造の計画を進め、日本はこれに八・八艦隊で対抗する構えであった。ワシントン会議において、アメリカ国務長官ヒューズは爆弾動議を提出し、アメリカは建設中のものも加えて主力艦十五隻を廃棄するから、日本、イギリスもこれに見合うよう、それぞれ建艦計画を削減することを強要した。結局、各国の主力艦保有量の比率は、イギリス・アメリカ各十、 日本六、 フランス・イタリア各三・五 にしよう、という提案であった。
 (中略)
 これに対し最も強硬に反対を唱えたのは日本であった。日本の輿論は強く対米七割を主張していた。ことにアメリカの提案とおりだと。アメリカ側はまだ建造にも着手もしていない架空の予定艦隻を廃棄するのに対し、日本はすでに完成に近付いている巨艦陸奥のスクラップにしてしまわなければならなくなる。
 (中略)
 当時の日本はなんといっても軍国主義万能の時代であった。たとえ社会的にもっともっと重要な問題があっても、それらは闇から闇に葬られて、新聞も騒がず、世間もなんとも思わない。ところが、ひとたび軍部が動きだすと、皆が大騒ぎするのであった。軍備には国力不相応な金を使うが、それは将軍たちの既成勢力を保存する目的が強かった。彼らは世界の進歩を感じとるセンスに欠け、いつまでも巨艦巨砲主義のとりこになっていた。世の中はすでに航空機の時代に入っているのに気付かず、第二次大戦が進行している最中にでも、武蔵や大和などという役にたたぬ巨大軍艦を造りあげて、世界の物笑いの種になった。

 駆逐艦一隻造る金で、立派な研究所がひとつできたであろう。国力を考えず、学問・技術の水準を知らず、ひたすらアンバランスな軍備増強に熱中したところに、身のほど知らずの日米戦争に突入する不可避性がひそんでいたのでないか。返す返すも肝に銘ずべきは、軍人を政治に参与させるべきでないという点である。」

---
宮崎先生渾身の筆致。
posted by Fukutake at 10:48| 日記