2018年11月28日

追い詰められる日本

「東京裁判 日本の弁明」
 却下未提出弁護側資料 抜粋  小堀圭一郎 編 
 講談社学術文庫 1995年
(その2−1)

日本包囲網

 清瀬一郎弁護人 冒頭陳述(内容一部朗読禁止、一部却下)法廷での陳述
(昭和二十二年二月二十四日)
p118〜
 「… 一九四〇年十二月には米国太平洋艦隊の主力をハワイに集中いたしました。すなわち対日示威が行われたのであります。英国は同年十一月十三日シンガポールに東亜軍司令部を新設しました。マライ、ビルマ、香港を其の総司令官の指揮下に置き、濠州及びニュージーランドとも緊密に連絡をいたし、東亜英領の綜合的軍備の大拡張の実施に着手したのであります。此の間米英蘭支の代表は引きつづいて急速に各所に於いて連絡をいたしております。
 殊に一九四一年四月マニラに於けるイギリス東亜軍司令官、アメリカの比島駐在高等弁務官、米アジア艦隊指令長官、和蘭外相との会談は我方の注意を引いたのであります。同年六月中旬にはシンガポールに於いて英・蒋軍事会議が行われたのであります。此等の詳細は証拠に依り之を証明下します。
 此等の急迫した諸表現に対処して、日本政府は緊急の災害を避ける為に各種の手段を採用しました。すなわち一九四一年春以来在米日本大使館は悲しむべき緊張が終了して、日米の関係を円滑にするため最善の努力をせよと要請させられたのであります。大統領と日本大使との会見及び国務長官と日本大使との交渉は数十回に及んでおります。東京政府はなんとか平和的妥協を見たいとあらゆる努力を集中いたしました。日本の総理大臣は米大統領に太平洋のどこかで直接会見してことを一挙に解決線としたのであります。此の目的の為に米国へ大使を増派したこともありました。又七月中旬にはアメリカとの交渉を遂げるためといふので内閣を変更したのであります。これは独立主権国として外交の必要上なし得べき最後の措置であります。しかし総ての努力は何等の効果もなかったのであります。
 一九四一年七月二十七日には米国政府は我国の在米資産の凍結を行ひました。此れは我国の仏印への平和派兵を誤解しての措置であります。英国及蘭印も直ちに之に倣いました。我国とイギリス及オランダとの間には通商航海条約が当時は現存いたして居りました。従って英及蘭の日本資産凍結令は此の条約に違反して為された違法なものであります。」
(次回に続く)

----
追い詰められる日本。時間稼ぎする米国。

posted by Fukutake at 11:17| 日記

2018年11月26日

真実の東京裁判

「東京裁判 日本の弁明」
 却下未提出弁護側資料 抜粋  小堀圭一郎 編 
 講談社学術文庫 1995年

(その1)

弁護側資料提出への阻害

p47〜
 「中共の暗躍が国府軍をどの様に危険な方法に操作していくか、又第三国はそれに対してどう対応しつつあるか。といった情報については、在上海、漢口、広東の各総領事が外務大臣宛に秘密電報を以って詳しい情報を送ってゐた。それらは現在の眼から見ても極めて正確な見通しを示したものとして評価できる。斯斯(かくかく)の情報があったが故に、日本は然々(しかじか)の対応をしたのだ、という意味でこれは貴重にして正当な弁明の根拠である。だが、これ等は全て(「証拠」ではないと)却下された。
 盧溝橋事件は今になってこそ、中国共産党が自らの謀略によって日本軍と国府軍の双方を罠にはめ、自らは漁夫の利を占めようと図ったのだという陰謀の内幕を自ら認め、むしろ誇ってゐる様な形勢になっている。だが東京裁判当時はこの事件は歴史の謎の中の謎ともいふべき難題で、とにかく当事者の実体験を証言として再構成し、責任の所在を判定していくより他に黒白のつけ様がなかったものである。そのために証拠資料の却下率はそう高くない。その代わりにといふか、事件の不拡大に懸命に努力した日本政府の方針を立証すべき内閣、外務省、現地部隊の公式声明や見解表明の類は、例の自己弁護なりとの理由を以って多くが却下となった。
 第二次上海事件についても、その発端をなす大山海軍中尉惨殺事件、無差別後爆撃事件に関する弁護側の証拠がなぜ多く却下されたのか理解に苦しむ。これは通州に於ける、酸鼻を極めた日本人居留民大量虐殺事件に関しての日本側の証拠が7割方却下されてゐるのと同じ事例であって、連合軍側のそれを問題にしてゐるのではない、という裁判所の抑抑の発想に起因するものであったろう。殺し合ひを本質とする戦争である以上、「お互ひ様」といふこともあるのではないか、といった発想は封殺された。そうなると、もし仮に日本軍将兵の心理に、これまでに同胞が受けた残虐行為に対する復讐心の幾分かが混入して多としても、それは一切情状酌量の対象とはならず、連合国側の人道に対する罪は一切不問に付し、唯日本人にのみ、神か仏に対してでもなければありえないほどの人道主義的完璧性を求め、その尺度を以って裁いたのがこの裁判であった。」


---
単に日本人捕虜を処刑するためだけの裁判だった。
posted by Fukutake at 12:08| 日記

2018年11月20日

歴史の判断を待つ

「共同研究 パル判決書(下)」 東京裁判研究会編 
  講談社学術文庫 1984年
(その10)

パル判決書の締めくくり

p741〜

 「現在、国際世界がすごしつつあるような艱難辛苦の時代においては、あらゆる弊害の源泉として虚偽の原因を指摘し、それによって、その弊害がすべてこれらの原因に帰すると説得することによって、人心を誤らせることはきわめて容易であることは、実に、だれしも経験いているところである。復讐の手段に、害悪の性質からみて、それ以外に解決はない、という外貌を与えて、この復讐の手段を大衆の耳にささやくには、現在ほど適当な時期はない。いずれにしても、司法裁判所たるものは、かような妄想に手をかすべきではないのである。
 たんに、執念深い報復の追跡を長引かせるために、正義の名に訴えることは、許されるべきではない。世界は真に、寛大な雅量と理解ある慈悲心とを必要としている。純粋な憂慮に満ちた心に生ずる真の問題は「人類が急速に成長して、文明と悲惨との競争に勝つことができるであろうか」ということなのである。
 …
 われわれは「これらの大問題は、一九一四年以降われわれを悩ました問題が、もっと複雑になって再現したものにすぎない、という考えで、この問題と取り組む」ことをやめなければならない。「原子爆弾の意味するもの」をして、「地上の各人民が平和と正義のなかに生きうる方法を、思慮ある人々に探求させることを怠らせてはならない。がしかし、敗戦国の指導者らの裁判とその処罰のなかに示された一連の行動には、上の原子爆弾の意味するものをよく認識しているというしるしは、見られないのである」。「憎むべき敵の指導者の裁判を注視することによって起こされた、熱狂した感情は、世界連合の根本条件を考慮する余地を、ほとんど残さないものである。…」。「一つの些細なこと、すなわち、裁判があまり強調されることによって、平和の真の条件にたいする民衆の理解は増進することなく、むしろかえって混乱させられるであろう」。

 このようにいわれたのも、おそらく正しいであろう。
 「この恐怖をもたらした疑惑と恐れ、無知と貪欲を克服」する道を発見するために、平和を望む大衆が、費やそうとする尊い、わずかな思いを、裁判が使い果たしてしまうことは許されるべきではない。「感情的な一般論の言葉を用いた検察側の報復的な演説口調の主張は、教育的というよりは、むしろ興行的なものであった」。
 おそらく敗戦国の指導者だけが責任があったのではないという可能性を、本裁判所は、全然無視してはならない。指導者の罪はたんに、おそらく、妄想にもとづいたかれらの誤解にすぎなかったかもしれない。かような妄想は、自己中心のものにすぎなかったかもしれない。そのような自己中心の妄想であるとしても、かような妄想はいたるところの人心に深く染み込んだものであるという事実を、看過することはできない。まさにつぎの言葉のとおりである。
 『時が、熱狂と、偏見をやわらげた暁には、また理性が、虚偽からその仮面を剥ぎとったあかつきには、そのときにこそ、正義の女神はその秤を平衡に保ちながら過去の賞罰の多くに、その所を変えることを要求するであろう』。」

----
真に裁かれるべきは、米国など白人連合国群であった。
(これにて上下2巻にわたった本書の抜粋(全11回)は終わりです)
posted by Fukutake at 08:29| 日記