2018年02月13日

西太后(1)

「中国文明の歴史 11」 中国のめざめ  宮崎 定一
 中公文庫 2000年

 西太后の人物(その1)

75p〜

 「政治家としての西太后は非凡な手腕を発揮した。もちろんそれは高い理想を掲げて邁進したわけではなく、遠い前途を洞察してあらかじめ備えを設けたというのでもない。太后はむしろ近視眼的であり、目前のことしか見えなかったが、それだけ現実の問題に対しては、あまり大きな誤診を犯さなかったのである。そしてそれだけのことでも、清朝末期の皇族中には人物が払底していて、肩を並べうる人物がいなかったのであった。
 同治年間はいわゆる同治中興と称せられ、太平天国の動乱の試練をへた人材が多く輩出したので、内外とも比較的無事であり、それが光緒帝の初年まで続いた。西太后は政治上ではよく人物を見抜く明があったと称せられる。とくに李鴻章を厚く信任した。その李鴻章が日清戦争の失敗を演じてから、不運な一連の事件が起こった。日清戦争はともとも李鴻章の本意ではなく、周囲に迫られてやむをえなかった結果とはいえ、かれはその責任によって左遷された。そのあとに起こったのが戊戌の新政であり、義和団の事件であった。光緒帝の戊戌新政は、その意図するところははなはだよかったが、実施の方法はまったく無準備で始め、無計画で推進し、側でみていてはらはらするほどでたらめのものであった。だから実際家の西太后が強権を発動したのもやむをえなかった。

 義和団事件を拡大させたのは西太后の大失敗であったが、これも大勢にひきずられてやむをえぬ事情があった。これがもし西太后でなかったならば、さらに事件が深刻化して底止するところをしらなかったかも知れなかった。太后が李鴻章を呼び戻して外国と講和させたのはせめてもの救いであった。

 西太后の散財は(頤和園の大理石の船の他、何と言っても)その陵墓であって、生前からあらゆる手段を尽して、あたかも守銭奴が蓄財に余念がないように、珍宝を程に入れては副葬品に指定しておいた。
 ところが、この定東陵が乾隆帝の裕陵とともに兵匪によって発掘されたのである。匪徒らは最も宝物の蔵せられていることを知って、この二陵だけを発掘したのであったが、はたしてかれらの推測は誤っていなかった。定東陵にはじつに莫大な財宝が副葬されていた。」(次回に続く)

----
清朝末期の驚くべき断末魔
posted by Fukutake at 15:22| 日記

2018年02月05日

都合に合わせ自分をだます

「ヤバい経済学」-悪ガキ教授が世の裏側を探検する-
スティーブン・D・レヴィット スティーヴン・J・タブナー 望月 衛 訳

110p〜

社会通念
 「通念(conventional wisdom)という言葉を作ったのはウルトラ筆達者な経済学の賢人ジョン・ケネス・ガルブレイスだ。「私たちは真理を自分に都合のよいことに結びつける」と彼は書いている。「自分の利益や幸せと一番相性のよいことを真理だと考えたり、あるいはしんどい仕事や生活の大変な変化を避けるために一番いいやり方を正しいことだと思ったりする。また、私たち
は自尊心を強くくすぐってくれることが大好きだ」。ガルブレイスは続けて、経済・社会的行動は「複雑であり、その性質を理解することが精神的に骨が折れる。だから私たちは、いかだにしがみつくようにして、私たちのものの見方に一致する考えを支持するのだ」。

 アメリカにおけるホームレスの最近の歴史を考えてみよう。1980年代の初め、ミッチ・スナイダーという名のホームレス擁護派が、アメリカには約300万人いるとぶち上げ、当然のように世間の注目を集めた。100人に一人以上はホームレス?そりゃどう見ても多すぎるよ、でも…うむ、専門家がいっているわけだしなあ。
 彼は学生の聴衆に向かって、1秒ごとに45人のホームレスが亡くなっていると語ったとも言われている。−−なんと毎年14億人ものホームレスが死んでいるわけだ(ちなみにその頃、アメリカの人口は2億2500万人だった)。
 結局スナイダーは300万人のホームレスという数字のことを問い詰められて、実はでっち上げだったと白状した。

 広告も通念を創造するいい道具だ。たとえばリンステンが手術用の強力な消毒液として発明されたのは19世紀である。その後、蒸留したものが床用洗剤や淋病の薬として売られるようになった。しかし、大ヒットするのは1920年代になってからのことで、用途は「慢性口臭」対策だったーその頃のよくわからない医学用語だが、ようは臭い息のことだ。リンステンの新しい広告に出ているのは打ちひしがれた若い男女だった。結婚しようと思ったのに、相手の腐った息に嫌気がさしたのだ。「あんなので彼とやっていける?」きれいな女の子がそう自問しているのである。
 リンステンが売り出したのは、うがいよりもむしろ口臭のほうだ。たった7年の間に、メーカーの売上高は11万5000ドルから800万ドルを上回るまでになった。」

---
「ステーキを売るな、シズルを売れ」。感情、嗜好に直接訴えるコピーです。
posted by Fukutake at 10:21| 日記

2018年02月01日

奇跡の一行

「1行バカ売れ」川上 徹也 角川新書 2015年

奇跡の1行のチカラ

4p〜
 「実際にあった事例。
 いずれの主人公も、自分がPOPに書いた「言葉のチカラ」でその問題を解決しました。 
 もちろん「言葉のチカラ」が発揮されるのは、POPだけではありません。

 ◯ 1.老舗食品メーカーが苦戦していた自社商品の最大の欠点を1行にして訴求したら、同じ商品なのに再び売れてシェアを取り戻した。

 ◯ 2.テレビ通販でMCが、あるターゲットにむけて商品の新しい使い方を付け加えただけで、その商品の売上げが急増した。

 ◯ 3.それまであまり価値がないと思われていた魚に、新しい名前をつけて売ったら連日大行列ができる超繁忙店になった。

 ◯ 4.知事がとっさに語った機転のきいた1行のフレーズが県に莫大な経済効果をもたらした。

などなど。

上記の効果をあげた内容は、それぞれ以下の通り。
1. 「二木の菓子」が40年来変わらぬ製法で作り続けられている「あんドーナツ」を「昔は甘いものって特別な時しか食べられなかったんだよ」の一言から「今となっては素朴でも、昔はこれが贅沢だったんだ!」とのPOPで飛ぶように売れた。

2. テレビショッピングで有名な通販番組で、働くお母さん向けにボイスレコーダーを売ろうと考えました。どんな言葉で?それは、お母さんがまだ働いている間にお子さんは学校から帰って来ますね。お母さんがいなくてちょっとさびしい。
「でもボイスレコーダーにこんなメッッセージが吹き込まれていたらどうでしょう?〇〇ちゃん、お帰りなさい。お母さん、まだ会社だけど、おやつは冷蔵庫に入っているからね。宿題は早めにちゃんとやってね。」お子さんは喜びます。さみしさもやわらぎます。

 3.「天然」の魚の方近大卒の魚と紀州の恵み 近畿大学水産研究所」いわゆる「近大マグロ」です。32年間の歳月をかけ実現した天然に負けが「養殖」より味がいいというのが定説だった。しかし、「ない美味しさが売り。

 4. 鳥取県知事の平井伸治さんがインタビューされた際、スタバのお店がない唯一の県となったとの問いに答えて曰く、「鳥取はスタバはないけど、日本一のスナバがある。」これが鳥取に莫大な経済効果をもたらすことになる。」

-----
以上のようなお話が山と出て来ます。久々に2度読みしました。

posted by Fukutake at 16:57| 日記