2022年12月07日

民の声、神の声

「日本的革命の哲学」 山本七平 PHP 昭和五十七年

サムエルの言葉 p22〜

 「「王のならわし」を説明するサムエルの言葉と民衆の反応をみてみよう。
 「『あなたがたを治める王のならわしは次の通りである。 彼はあなたがたの息子を取って戦車隊に入れ、騎兵とし、自分の戦車の前を走らせるであろう。 彼はまたそれを千人の長、五十人の長に任じ、またその地を耕させ、その作物を刈らせ、またその武器と戦車を造らせるであろう。 また、あなた方の娘を取って、香をつくる者とし、料理をする者とし、パンを焼く者とするであろう。 また、あなたがたの畑とぶどう畑とオリーブ畑の最も良い物を取って、その家来に与え、あなたがたの穀物と、ぶどう畑の、十分の一を取ってその役人と家来に与え、またあなたがたの男女の奴隷およびあなたがたの最も良い牛とろばを取って自分のために働かせ、また、あなたがたの羊の十分の一を取り、あなたがたはその奴隷となるであろう。 そしてその日あなたがたは自分のために選んだ王のゆえに呼ばわるであろう。 しかしヤハウェはその日にあなたがたに答えられないであろう』

 ところが民はサムエルの声に聞き従う事を拒んで言った。 「いいえ、我々を治める王がなければならない。 われわれは他の国々のようになり、王がわれわれをさばき、われわれを率いて、われわれの戦いに戦うのである。』 ヤハウェはサムエルに言われた、『彼らの声に聞き従い、彼らのために王を立てよ』」

 人民の意志によって立てられても「王とはこういうものだ」と否定的に描かれており、人民の意志に従えば「仁義の君」が自動的に出現するわけではない。 だが民は王制という体制を選択しないこともできる。 これに反して、人民の意志で政治体制を採択するという発想が孟子になかったのは、いわば文化の違いであって、年代の違いではない。 中国には後代になってもこの発想はなく、一方イスラエルの方は、士師(しし:さばきつかさ)による統治、王制、祭司共和制と常に政治体制を変えている。 また皇帝が「天子」で、王朝の創立が「天命」に基づくなら、孟子のように考えれば、民の声は自動的に天の声となる。 旧約聖書の場合も、「彼ら(民)の声に聞き従い、彼らのために王を立てよ」と神が言っているのだから、一応「民の声は神の声」と言えるであろう。 だが、旧約聖書ではこの二つの声は決して自動的に一体化していない。 この点、日本のマスコミなどが使う「民の声は神の声」は、聖書よりもむしろ孟子的である。

 だが、前述のように、『孟子』にもそして旧約聖書にも、「民の声」を投票というシステムに乗せるという発想はない。 殷の紂王と周の武王とのいずれを「王」とするかを投票によって決定するという発想は孟子にもないが、人民が人望のない方から人望のある方へ移動して来るという発想はあり、これはある意味では投票と似た結果にもなり得たであろう。」

----
神は命ずる、でもあとは知らないよ。

posted by Fukutake at 08:02| 日記