2022年08月17日

この母にしてこの子あり

「学年ビリのギャルが一年で偏差値40上げて 慶應大学に現役合格した話(文庫特別版)」 坪田信貴 角川文庫

 p102〜

 「彼女(ビリギャル)が高校3年生に上がろうとする頃のことでした。
僕は、無制限コースという、日曜を除けば塾へ毎日来られる学習コースを、さやかちゃんに勧めます。 ただ、それには当時の塾に、百数十万円というまとまったお金を前払いしてもらう必要がありました。

 ですが、その頃さやかちゃんの家には、お金がありませんでした。
お母さんは、自分の服を買うどころか、カード類も携帯もすべて止められていた時期だったのです。 なので、塾に払うまとまったお金を、お母さんがどう工面したのか、さやかちゃんは今に至るまでずっと知りませんでした。(実際お母さんは、子どもたちのために小さい時から積も立てていた郵便局の定期預金をすべて解約し、自分で積み立てていた生命保険もすべて解約して、それでも足りない分は、アクセサリー類をすべて売り、へそくりをかき集めて、お金を用意したのです。 それでも、塾への納入期限を一週間ほど過ぎて、ようやくお金が集まったのでした)。

 その時、お母さんは、さやかちゃんが慶應に受からなくても、何も惜しくないと思っていました。 ただ、ただ、この塾で学ぶことがさやかちゃんのためになると思って、お金を用意したのだそうです。 今は、さやかちゃんが、勉強することにワクワクしている。 だったら、思い切りやらせてあげたい、と考えたんです。

 僕は、過去に千組以上の親御さんと面談してきましたが、こういった際に必ず聞かれることがあります。それは、
「志望校に受かる確率は、何%でしょうか」
といった質問です。これには、本人のがんばり次第、親御さんのサポート次第、としか言えない面もありますが、この時お母さんは、そういったことは何ひとつ、僕に聞いてはきませんでした。
「合格不合格は関係ないと思っています。 あの子が坪田先生を信頼してがんばっている。 その坪田先生がこうしたほうがいいとおっしゃるなら、お任せします」

 お母さんは、塾の前に停めた車の中で、さやかちゃんに札束が入った封筒を渡しました。
 さやかちゃんはお母さんの車から降りて、「こんな分厚い札束、持ったことがないな」と思いながら、塾にかけ込んできました。
 お母さんがこう回想しています。
「その時、帰宅したさやかから、札束を受け取った坪田先生が、”このお金の重み、わかる?”っておっしゃったと聞きました。 それで、さやかは ”お母さん、私、絶対受かってみせるから。 絶対、いつか倍にして返すから” と言ったんです。 それを今でも忘れません。」

 いっぽうのさやかちゃんは、お母さんの、
「慶應に受かっても、受からなくても、いいんだよ。 さやかちゃんの学ぶことの素晴らしさに気づいてくれただけで、お母さんはうれしいんだから、お金のことは、何も気にしなくていいんだよ」とい言葉を聞きたといいます。」



posted by Fukutake at 07:41| 日記