2022年06月28日

死を受け入れる前に老いゆく自分を認めろ

「死を受け入れること ー生と死をめぐる対話ー」 小堀鷗一郎x養老孟司 祥伝社 2020年

医者のリスク p171〜

 「小堀 学生の頃、神経内科の沖中重雄先生が最終講義で、「自分の誤診率は何%だった」とおっしゃったんです。ただ、それは全て取り返しのつかないような間違いだったわけではないのですが、細かい神経の疾患の中で、ここがやられていると思ったら隣がやられていたとか、そういうものを含めての話でした。
 最近のように患者を取り違えたとか、腎臓の悪くもない人の腎臓を取ってしまったという手術時のミスと、沖中先生が言ったような誤診とはまた分けて考えないといけないと思います。

 養老 一番大変なのは産科です。障害のある子が生まれたりすると、訴訟になることがあります。産科の先生に真面目に言われたことがありますよ。「こんなに訴訟をやってばかりいたら、産科の医者がいなくなります」って。
 余命告知もどんどん短くなっているんです。一年と言って、六ヶ月で死んだらヤブ医者、と怒られるから短めに言うんです。

 小堀 検診で見つからなかった胃がんが何年か後に見つかった、というのは僕も難しいと思います。

 養老 そんなの見落として当たり前ですよ。そこまでチームがうまく回るはずはないんだから。健康診断なんて何件もやるわけでしょう。しかもいわゆる健康な人を診るんだから。

 小堀 で、ほとんど何もないからね。

 養老 そうするとどうしても慣れが出ます。だから医者はやっぱり具合が悪いから診てもらうのが正しいんです。元気なうちに行く必要はない。
 東大病院の外来でケンカをしているのを見かけたことがあります。「検査の結果、あなたはなんともありません」と言われて、患者が、「でも先生、私は具合が悪いんです」と訴えていました。
 それを見て、「医者の仕事って何なんだろう」と思いました。うちの母なんか結局そうです。八十歳過ぎるまで医者をやっていたんですから。「先生のお母さんは偉いですね」と言われましたけど、誰が死にそうな医者に診てもらいたいですか。要するに相談相手なんです。

 小堀 そういうことを求める患者さんも多いです。これも人間関係ですから。

 養老 国際学会の発表で、献体を希望する人の理由を調べた発表があったんです。一番多いのが、お医者さんの世話になったから、医学の発展の役に立つならというもの。第二位は、ちょうど逆で、医療でひどい目に遭ったからもうちょっと勉強してもらいたい、と。で、五位ぐらいに、本当に面白いと思ったのが、遺族に対する面(つら)当てという回答。生きている間大事にしてくれなかったから、解剖に行ってやると。こういう感情は世界共通にあるんです。」

----
腹いせ献体
posted by Fukutake at 07:11| 日記