2021年10月27日

昭和十年代の浅草

「波」monthly magazine 2021年1月 新潮社

川本三郎「荷風の昭和 32回」より p128〜

 「浅草の軽演劇、とりわけオペラ館の舞台に惹かれた荷風は随筆「浅草公園の興行物を見て」を書き、ここでもオペラ館の演し物を絶讃する。
「曲馬の新舞踏に興味をおぼえたので、その夜からわたくしは他の興行物も一通り見歩く気になって、交番の傍に在るオペラ館に這入った。演劇とルヴューとが交(かわ)る々々二幕ずつ演じられる。わたくしは初め何の考えもなく、即ち何の期待も予想もなく這入って見たのであるが、其演劇を見て非常に感服した。
 荷風が見たのは「残された女」という一幕物。郊外の貧しい借屋に住む一家の物語。兄はダンスホールの恋人がいて結婚しようとしているが、母がこれを許さない。
 父は職を失っている。貧しい家の家計を妹のわずかな給料が支えている。ところが、これは、兄と恋人のダンサーがひそかに妹へ送っていた金だった。やがて兄に召集令状が来る。母、妹、それに兄の恋人、三人の残された女性がそれぞれの思いを抱えて、その出征を見送る。日中戦争下らしい人情劇である。

 荷風はこれに感動した。おそらく浅草の小さな劇場で庶民と共にこれを見たからいっそうの感動があったのだろう。
 高見順は雑誌「文芸」の昭和十四年から翌十五年にかけて連載した、浅草を舞台にした長編小説『如何なる星の下に』のなかで、作者自身を思わせる「私」が、東京の「場末」四つ木に住む貧しいブリキ職人の小学生の娘、豊田正子が書いた作文の映画化作品、山本嘉次郎監督、高峰秀子主演の「綴方教室」(一九三八年)を、丸の内の映画館で見た時と浅草で見た時では、観客の反応が正反対だったと書いている。

 徳川夢声演じるブリキ職人の父親が無一文で正月を迎えなければならないと暴れる場面で、丸の内では観客がその様子が可笑しいと笑った。学生や知的階級の観客には貧しさが理解出来なかったからである。それに対し、浅草の観客は貧しさを知っているから同じ場面で泣いた。「私」は、当然、浅草の観客に心を寄せる。
 荷風もまたオペラ館の人情もの舞台に心動かされたのは同じような心情からではなかったか。」

----

posted by Fukutake at 10:29| 日記