2021年04月10日

ヒットラア

「小林秀雄全集 第十二巻」− 考へるヒント− 新潮社版 平成十三年

ヒットラアと悪魔 p151〜

 「…専門的政治家達は、準備時代のヒットラアを、無智なプロパガンディストと見なして、高を括ってゐた。言つてみれば、彼等に無智と映ったものこそ、實はヒットラアの確信そのものであつた。少なくとも彼等は、プロパガンダのヒットラア的な意味を間違へてゐた。彼はプロパガンダを、單に政治の一手段と解したのではなかつた。彼には、言葉の意味などといふものが、全く興味がなかつたのである。プロパガンダの力としてしか、凡そ言葉といふものを信用しなかつた。これは殆ど信じ難い事だが、私はさう信じてゐる。あの數々の残虐が信じ難い光景なら、これを積極的に是認した人間の心性の構造が、信じ難いのは當り前の事だと考へてゐる。彼は、死んでも嘘ばつかりついてやると固く決意し、これを實行した男だ。つまり、通常の政治家には、思ひも及ばぬ完全な意味で、プロパガンダを遂行した男だ。だが、これは、人間は獸物だといふ彼の人性原理からの當然な歸結ではあるまいか。人間は獸物だぐらゐの意見なら、誰でも持つてゐるが、彼は實行を離れた單なる意見など抱いてゐたのではない。

 三年間のルンペン収容所の生活で、周圍の獸物達から、不機嫌な變り者として、うとんぜられながら、彼が體得したのは、獸物とは何を置いても先ず自分自身だといふ事だ。これは根底的な事實だ。それより先に行きやうはない。よし、それならば、一番下劣なものの頭目に成つてみせる。昂奮性と内攻性とは、彼の持つて生れた性質であつた。彼の所謂収容所といふ道場で鍛へ上られたものは、言はば絶望の力であつた。無方針な濫讀癖で、空想の種には困らなかつた。彼が最も嫌つたものは、勤勞と定職とである。當時の一證人の語るところによれば、彼は、やがて戰争が起るのに、職など馬鹿げてゐると言つてゐた。出征して、毒ガスにやられた時、おそらく彼の憎悪は完成した。勿論、一生の方針が定つてからは、彼は本當の事は喋らなかつた。私も諸君と同じやうに、一勞働者として生活して来たし、一兵卒として戰つて来た、これが彼の演説のお題目であつた。

 ヒットラアは、十三階段を登らずに、自殺した。もし彼が縊死したとすれば、スタヴロオギンのやうに、愼重に縄に石鹼を塗つたに違ひない。…」


(「文藝春秋」<考へるヒント>、昭和三十五年五月)

----

posted by Fukutake at 08:35| 日記