2020年12月31日

人生における幸福

「わが人生観 2」亀井勝一郎 大和書房 1968年

人生 p13〜
 「邂逅−−人生の幸福
 人生とは何ぞやという広漠たる問題に私は答えることはできない。しかし自分の半生をかえりみて、なるほど、これが人生というものであろうかと、はっきり感じさせられたものはある。それは私を一人間として育ててくれたもの、現に育ててくれつつあるその条件である。私は自分一個の力で生きているわけではなく、自力で成長しているわけでもない。書物を通して接したさまざまな先師、あるいは現存している先輩友人の導きによって人間と成ってきたわけで、条件とはつまりこの相伝相続をいうのである。
 人生とは広大な歴史だといっていい。歴史とは無数の人間の祈念と願望の累積だといってもいい。あるいは果たそうとして果たしえなかったさまざまな恨みを宿すところともいえるだろう。私はそれを学びつつ、やがて、自分もつかの間にしてその歴史の中に埋没してしまうことを知る。人間の一生は短いものだ。しかし自分は生きていると、たしかに感じさせるものがあるわけで、私はそれを右のごとくいってみたのである。したがって人生における一大事、人生を人生として私たちに確認させるものは、一言でいうなら邂逅であるといってよい。
 青春時代とは第二の誕生日である。自我を覚醒する日であるが、そのとき「われ」を誕生せしむる機縁がすなわち邂逅である。書物でもいい。師匠でも友人でも恋人でもいい。だれに出会ったかということが重大だ、そして邂逅によって結ばれた友情に、私は人生の人生たる証を見ようと思うのである。むろん友情とは単なる遊び仲間の交情という意味ではなく、悩める魂と魂との格闘による結合をいう。書物との関係も、私はこの関係において見る。邂逅と友情こそ人生の重大事ではなかろうか。
 もしこのとき、この人(あるいは書物)に会わなかったならば、自分はどうなっていたであろうと思うことがある。そこに生ずるのは謝念である。人生に対する謝念とは邂逅の歓喜である。たとい貧苦病身災難のうちにあろうとも、邂逅の歓喜あるところに人生の幸福があると私は思っている。私はそれ以外の人生の幸福を信じない。」

-----
posted by Fukutake at 09:05| 日記