2020年10月16日

地震がくるぞー

「銀座アルプス」 寺田寅彦 角川文庫 2020年

鑢屑より p145〜
 「十二
 日本橋その他の石橋の花崗岩(みかげいし)が、大正十二年の震火災に焼けてボロボロにはじけた痕が、今日でも歴然と残っている。河の上にあって、近所の建物からかなり遠く離れていて、それでどうしてこんなにひどく焼かれたか不思議のようである。これはもちろん、避難者の荷物が豊富な焚付けを供給したためである。火災後、橋々の上には、箪笥やカバンの金具が一面にちらばっていたのでも、おおよそ想像ができる。
 永くこの経験と教訓を忘れないために、主な橋々に、このやけこぼれた石の柱や板の一部を保存し、その脇に、銅板でも、その由来を刻したものを貼り付けておきたいような気がする。
 徳川時代に、大火の後ごとに幕府から出したいろいろの禁令や心得が、半分でも今の市民の頭に保存されていたら、去年のあの大火は、おそらくあれほどにならなかったに相違ない。
 江戸の文化は、日本の文化の一つである。馬鹿にすると罰が当たる。」

 「十三
 大正十二年のような地震が、いつかは、おそらく数十年の後には、再び東京を見舞うだろうということは、これを期待する方が、しないよりも、より多く合理的である。その日が来た時に、東京はどうなるだろう。おそらくは今度と同じか、むしろもっとはなはだしい災害に襲われそうである。被服廠跡でも、今度は一箇所ですんだが、この次には、これが何箇所にもなるだろう。それから、今度の地震にはなかった新しい仕掛けの集団殺人設備が、いろいろできているだろう。たとえ高圧水道ができていようが、消防船が幾台できていようが、おそらくそんなものはなんにもなるまい。それが役に立つぐらいなら、今度だって、何かあったはずである。
 もし百年の後*のためを考えるなら、去年ぐらいの地震が、三年か五年に一度ぐらいあった方がいいのかもしれない。そうしたら、家屋は、みんな、いやでも完全な耐火構造になるだろうし、危険な設備は一切影をかくすだろうし、そして市民は、いつでも狼狽しないだけの訓練を持続する事ができるだろう。そうすれば、あのくらいの地震などは、大風の吹いたぐらいのものにしか当たるまい。」
百年の後*: 本文は大震災の翌年大正十三年執筆(一九二四年)。その百年後とは、二〇二四年!!

-----
そろそろ東京から出ようか。

他のブログを見る : http://busi-tem.sblo.jp
posted by Fukutake at 12:30| 日記