2020年01月29日

メモしろ

「医師は最善を尽くしているか Better: a surgeon’s notes on performance」 アトゥール・ガワンデ 原井宏明訳 みすず書房 2013年

あとがき より
医学生への五つのアドバイス(その4)
 p235〜
 「私の四つめのアドバイスは「何か書け」である。無理なことをしろというつもりはない。ブログに数節書いたり、医学雑誌に論文を投稿したり、あるいは文学同好会で自作の詩を披露したりなど何でもいい。とにかく書きなさい。完璧を目指す必要はない。あなた自身の世界を観察してくれる他人を加えることが必要である。
 たとえ、控えめなものでも、書くことによる貢献の効果を見くびってはいけない。… 控えめな貢献でもそれを大勢からまとめれば、個人技では絶対できないようなパワフルなノウハウの集積ができあがる。これが科学の内側でも外側でも真実なのである。
 また、書くという行為自体の力を見くびってもいけない。医師になるまでは私自身書いていなかった。しかし、いったん医師になると、書く必要があると気づいた。医療は複雑だから、知的というより、身体的な苦労を強いる。医療は小売業だから、医師は自分のサービスを一人、また一人と一人ずつ提供しなければならず、単調で辛い仕事にもなる。なんのためにやっているのか大きな目的を見失うこともあるだろう。しかし、書くという行為は仕事から一歩身を引き、問題を見渡す機会を与えてくれる。度をすぎた怒りに駆られたときでも、書くことによって、思慮深さをある程度は保てる。
 そして何よりも、たとえ小さなことでも、読み手に周りの大きな世界の一員という感覚を与えてくれる。ニューズレターに何か思いついたことを少し書いてみるといい。そうすればあれこれ神経質に考えはじめていることに気づくだろう。「他人は気づいてくれるかな? みんなはどう考えるだろう? 私は馬鹿なことを言っていないか?」読み手とはコミュニティーのことである。文字になったことばはそのコミュニティーのなかの一員になったという宣言であり、そしてそのコミュニティーに今後も何かで貢献するというやる気の表れでもある。
 だから、読み手を選びなさい。何か書きなさい。」

----
自分で考えたことを書き留めろ。


他のブログをご覧になる方はhttp://busi-tem.sblo.jp/
posted by Fukutake at 13:01| 日記