2020年01月24日

悪法は守らなくても良いか

「クリトン」 プラトン 久保 勉 訳 岩波文庫 1927年

 脱獄を勧めるクリトンにアテナイの国法を擬人化して、ソクラテスが語る。

p87〜
 「国法「だから、ソクラテスよ、お前の養育者なるわれわれの言に従うがいい。そうして子供をも、生命をも、その他のものをも、正義以外に重視するようなことはするな。お前が冥府(ハデス)に着いたとき、すべてこれらの事を挙げて、そこに支配している者の前に自ら弁明することが出来るように。なぜといえば、そんな行為をすることは、この世においてすら、お前自身のためにもお前に属する何人のためにも、正義に従う以上に福(さいわい)でもなく、人の義にも天の義にも適うまいし、またお前があの世に着いた後も、それはお前の福(さいわい)を増すことにはならないだろうから。しかし、お前がこの世を去るなら、今ならお前は不正を −−われわれ国法からというよりも、人間から −−加えられた者としてこの世を去るのだ。しかるにもしお前が脱獄して、無知千万にも、不正に不正を、禍害に禍害を報い、かくてわれわれに対するお前の合意と契約とを蹂躙して、また最も禍害を加えてはならない者 −−すなわちお前自身と友達と祖国とわれわれと −−にこれを加えるなら、その時、われわれはお前の存命中を通じてお前に怒りを抱くだろうし、またあの世ではわれわれの兄弟なる冥府(ハデス)の国法も、親切にお前を迎えてくれまい。なぜといえば、力の及ぶかぎりお前がわれわれを滅ぼそうとしたことを、彼らは知っているから。だからお前はその説を実行せしめんとするクリトンに説得されぬようにして、むしろわれわれに従うがいい。」

 ソクラテス「親愛なるクリトンよ、実際僕はこういう声が耳の中で囁くのを聴くような気がするのだ。ちょうどコリュバスらの騒ぎに酔わされた人々が、笛の音を聴くように思うのと同じように。そうしてこれらの言葉の反響が僕の内に残っていて、他の音を聴えなくする。だから、少くとも僕が今考えるところでは、たとい君がそれに対して抗弁しても、それは空言に帰するものと思ってくれたまえ。それでもなお、君に何か成し得るという望みがあるなら、いって見たまえ。」
 クリトン「いや、ソクラテス、僕はもう何もいうことはない。」
 ソクラテス「クリトン、じゃあよろしい。では僕達は僕がいったように行動しよう。神がそちらに導いて下さるのだから。」」

------
ゴーン某と隔たることひさし

他のブログを見る:http://busi-tem.sblo.jp
posted by Fukutake at 10:38| 日記