2019年11月28日

人間存在の意義

「人間とは何か」実存的精神療法 V.E.フランクル 山田邦男監訳
 春秋社 2011年
(その1)

p122〜
 「…次のような思考実験をしてみるとよい。すなわち、一人の音楽を愛する人間がコンサートホールに座り、彼の好きなシンフォニーの最も感動的な小節が今まさに耳に響きわたり、その結果、ひとが最も純粋な美に触れたときに体験するような、あの身震いするような感動に打たれている、と想像しよう。そして、このような瞬間に、誰かが彼に、あなたの人生に意味があるか、と問うたと想像しよう。このとき、問われた人間は、きっと、このような恍惚とした瞬間を体験するだけででも生きる価値はある、と答えるにちがいないであろう。なぜなら、それがほんの一瞬のことであったとしても、その瞬間の大きさだけで一生涯の大きさが測られうるからである。… 人生の有意味性についても、その頂点が決定的なのであり、この比類のない瞬間が人生全体にさかのぼって意味を与えるのである。
 われわれの考えによれば、さらに第三の可能な価値カテゴリーが存在する。このさらなる価値グループは、人間が自分の制限された生活に対して取る態度によって実現されるものである。人間が自分の狭められた可能性に対して、みずからの態度を決めるというまさにそのことによって、新たな独自の価値領域、しかも確実に最高の価値に属するような価値領域が開かれるのである。…われわれは、この価値を態度的価値と名づけることにしたい。というのは、ここでは、人間が変えることのできない運命に対してどのような態度をとるかということが問題だからである。このような態度価値を実現する可能性は、それゆえ、人間がみずからそれを引き受け、それを担うほかはないような運命に対峙する場合に常に生じるのである。すなわち、ここでは、人間が運命をいかに担い、それをいわばみずからの十字架としていかに引き受けるかということが問題なのである。この態度は、たとえば苦悩における勇気、没落や挫折においてもなお失わない品位といったものである。
 (これによって)人間の実存は本来決して実際に無意味になりえないことがただちに明らかになる。人間の生命は「最後まで」その意味を保持している。それゆえ、人間が息をしているかぎり、人間に意識があるかぎり、彼は価値に対して、少なくとも態度価値に対して、責任を担っているのである。価値を実現するという人間の義務は、その存在の最後の瞬間に至るまで、人間から離れることはない。たとえ価値実現の可能性がどれほど制限されていようとも、まだ態度的価値を実現することは依然として可能である。すなわち、人間存在とは意識存在にして責任存在であるという命題の妥当性も明らかになるのである。」

---
間際のきわにどういう態度をとるか?
posted by Fukutake at 11:34| 日記