2019年09月18日

ヨーロッパ・日本連合とロシアの接近!

「帝国以後」 アメリカ・システムの崩壊 エマニュエル・ドット 
 石崎 晴己 訳 藤原書店 2003年
(その2)

アメリカの終わり
p265〜

 「…今日地球上にのしかかる全世界的均衡を乱す脅威は唯1つ、保護者から略奪者に変質した、アメリカそのものなのである。己の政治的・軍事的有用性がだれの目にも明らかであることを止めたまさにその時に、アメリカは全世界が生産する財なしではやって行けなくなっていることに気付くのである。しかし世界はあまりに広大で、あまりに多くの人間が住み、あまりに多様で、あまりにも制御不可能な力に貫かれている。どれほど知恵を絞って策定した戦略であろうと、アメリカが己の半帝国的立場を名実兼備えた帝国に変えることを可能にしてくれない。アメリカは経済的・軍事的・イデオロギー的にあまりにも弱過ぎるのである。それゆえ世界への足場をさらに固めるための動きをすると、その都度、マイナスの逆作用が産み出され、それによってアメリカの戦略的態勢は前よりほんの少し弱まってしまう、ということの繰り返しになってしまう。

 現今の本物の強国を統制することー工業の領域では日本とヨーロッパを押さえ、核武装の領域ではロシアを粉砕することーができないので、アメリカは、これ見よがしに帝国の振りをするために、非強国の分野で通用する軍事的・外交的行動を選ばざるを得なかった。すなわち「悪の枢軸」とアラブ圏という二つの圏域である。そしてその二つが交差するところにイラクがある。軍事行動は、その強度とリスク水準からすれば、いまや本物の戦争とヴィデオ・ゲームの間のどこかに位置することになる。防衛能力も持たぬ国を海上封鎖し、取るに足らぬ軍隊に爆弾の雨を降らせる。まさに非武装の一般住民の上に、第二次世界大戦に匹敵する銃爆撃を敢行する。リスクの水準は、アメリカ合衆国の軍にとってはほとんどゼロに等しい。しかしアメリカの一般住民にとってはゼロではない。非対称的な支配は、被支配地域から発するテロという反動を産み出すのである。その最も成功したものが二〇〇一年九月一一日の
テロだった。

 アメリカ合衆国の指導者たちは、リスクというのはせいぜいがところ、ロシアという大強国と、中国とイランという小強国の接近ぐらいなものだろうと、高を括っていた。結果として、ヨーロッパの保護領と日本という保護領を己の統制下に置き続けることができるだろう、と考えていたわけだ。ところがもしこのまま乱行を続けるなら、実際のリスクは、ロシアという主要な核兵力強国と、ヨーロッパと日本という支配的な二大工業国の接近に他ならないのである。」


----
アメリカ帝国の凋落

他のブログをご覧になる方はhttp://busi-tem.sblo.jp/ においでください。
posted by Fukutake at 11:50| 日記