2019年08月13日

不幸は救済されるべき権利か

「悪と魔の心理分析」 満たされない心の深層を探る  頼藤和寛 
 大和出版 1998年(その1)

被害者の内なる悪
p155〜

 「われわれは、なんらかの意味で加害者的存在である。それゆえ「悪」である。
 しかし、このことは、被害者的存在でありさえすれば「悪くない」ということ意味しない。ところが、どういうわけか、われわれには、被害をこうむるとなにか免罪されたように感じる傾向がある。洋の東西を問わず、被害者免責的心理が認められるように思われる。
 精神分析では、被害をこうむることで無意識の内なる罪悪感が解消されたり、贖罪欲求が満たされたりするためではないか、と解釈されている。一種の自己処罰的欲求が無意識に潜んでいるような場合には、安楽な日々が続くのも落ち着かないようなのだ。ひどい目にあうと、それは天罰のようなものだから、日頃の原罪意識が軽減されるわけである。
 確かに、毎週教会で自分たちが罪深い存在だと教え込まれた人々なら、そういうこともあろう。また罰をこうむっていないような罪人は、いつも落ち着かない思いで生きているわけだから、なにかの拍子に災難にあえば「これで罪滅ぼしをすませた」と感じて、日頃の呵責から一時的に解放されるのかもしれない。
 ということになると、ひどい目にあった人は、まだひどい目にあってない周囲の人々より「正しい」わけである。被害者たちは贖罪をすませた人間で、幸福な者たちはまだ負債を残した人間ということになる。
 このように、被害者たちの態度はでかくなる。
 ふだん罪悪感などなしに生きてる日本人の場合でも、被害者は負債を先払いした人間で、周囲の者は払いの悪い人間という感じなるかもしれない。いずれにしても、人生において十分な災厄をこうむると、周囲や世界に対してアドバンテージや補償請求権が生じたかのごとき感覚をもつ場合が多い。
 かつては障害者の多くが物乞い(日本人は一応布施者に感謝するが、中近東では当然のように受け取る)をしたし、当節では福祉制度による援助を受ける「権利」を確保している。周囲の者も、「気の毒」という感情を自然にか、半ば強制的にか感じてしますし、見下した同情を感じるのか、自分の幸運をうしろめたく思うのか、不運な人々に有利な風潮や制度を受け入れる。

----

posted by Fukutake at 11:30| 日記