2019年08月05日

個は死ぬ、私は死なない。

「人間にとって寿命とはなにか」 本川達雄 角川新書 2016年

死によって死を克服
p94〜

 「…現代日本人の多くは、死んだら私はお終いで、今の私が生きてる時間と今の私の体が占めている空間のみが私だと考えています。これは西洋近代の私観であり、その代表がデカルトの「我思う、ゆえに我あり」です。我思うでは思う主体が私ですから、子はもちろん別の個人として別の思いをもっており、私とはまったく別物です。…死ねば終わりと考えるようになったのは、ヨーロッパ的新台科学思想の蒔いた種子である。生命ないし霊魂を一代かぎりで完全に消滅するものと考えた日本人は、近代以前には、まずいなかった」(益田勝実「古代人の心情」

 柳田國男は「祖父が孫に生まれてくるといふことが、或は通則であった時代もあったのでは無いか」と述べています(「先祖の話」)。
 小生の生まれる数ヶ月前に祖母が亡くなっており、「あんたはおばあちゃんの生まれ変わりだよ。そのきょろっとした目も縮れっ毛もおばあちゃんそっくりだ」と母がよく申しておりました。母は明治末年の生まれです。
 生命が続くという発想は、洋の東西を問わずありました。そもそもlifeという言葉は古代インド-ヨーロッパ語のleypが語源であり、これは続くという意味をもっています。続くことが生命の特徴だと考えられていた証拠でしょう。

 古代ギリシャには、生物をさす2つのの言葉があったそうです。
1つはビオス。もう1つはゾーエー。
 ゾーエーの方は、世代を超えて共通しずっと続いていって死なないもの、あらゆる個別的生命の源泉となっている生命活動そのものであり、生命活動の共通部分です。今の言葉で言えば、遺伝子がゾーエーの主要な部分をなすでしょう。遺伝子はずっと続いていくものですから、遺伝子は生命活動の源泉です。
 ケレーニイは生物を真珠のネックレスに例えています。(「ディオニューソス」)。個々の真珠の珠が一世代一世代の個々のビオス、それを貫いてつないでいる糸がゾーエー。全体として、そんなネックレスのようなものが生物なのだと、古代のギリシャ人は思っていたようです。彼らは死ぬが死なないで続くという生物の二面性をはっきりと捉えていました。
 かならず死ぬ、けれども死なない、こういうものが私なのです。死と不死という絶対的に矛盾するものが同居して一体化している、これぞ絶対矛盾的自己同一。西田幾太郎は生命をそういうものだとします。」


-----
死ぬが死なない!?
posted by Fukutake at 08:45| 日記