2019年07月31日

修行の意味

「脳が先か、心が先か」 養老孟司ほか 大正大学 まんだらライブラリー
 2009年

 脳と心 p34〜

 「自然な状況で体を使うということを一番よく知っているのは仏教だと私は思っています。お坊さんがお寺の庭を掃いているの、あれは寺をきれいにしているのじゃないですよ。修行です。根本は。修行って何だ。この話をするとつい言いたくなるので言うのですけど、比叡山の千日回峰ってあるじゃないですか。お坊さんが千日、比叡山の山の中を走る。考えてください、あれって何の役に立つんでしょうか。お坊さんが千日、山の中を走り回ってGNPが上がるかって考えてみても、減るだけですからね(笑)。だから、あほかと。やる気にならないでしょう。若い人は笑っていますけど、でも、千日回峰をやると大事にされてしょうがないんです。それは何でですか。

 絶対に日本の経済には貢献したからということではない。じゃあ何に貢献しているのか。私は、今の教育、あるいは人生論の中で一つどうも抜けたのじゃないかと思うのは、「人生がその人の作品だ」という考え方です。自分の生れつきとか能力とか容貌とか財産なんか一切関係ありません。そのひとが与えられた条件の中で自分の意思で精いっぱい生きているときにある状態ができ上がるわけで、それが一つの作品になっている、それを人生と言うのでしょう。
 そう思っていないんじゃないかな。以前、大蔵省があったころ、東大法学部の学生を大蔵省の先輩が勧誘に来た。「今、大蔵省に入るとあんたの生涯賃金は結局十億円だよ」と勧誘していたそうです。そういう考え方の中には、自分の人生そのものが一つの作品だという考えはないですね。それは金を稼ぐ機械ですね。自分の人生がもしある種の作品であるとしたら、千日回峰というのはその中の大事なものであって、それをすませるとあるところに磨きがかかってくるんだという考え方。皆さん方、そういう考え方で自分の人生を生きないと意味がない。そうでしょう。何のためにこんなことをしているのかと後悔をする。作品って、絵描きさんでも彫刻家でも、我々の研究でもそうですけど、でき上がってみるまでどんなものができ上がってくるか、実はわからないのです。だからレオナルド・ダ・ヴィンチは死ぬまで「モナ・リサ」を持って歩いて、手を入れていたんですよ。完成しないから。だから「モナ・リサ」って絵描きとしてのレオナルドの人生そのものであって、皆さん方も実は自分の人生という作品をいつも抱えて歩いているわけです。その作品にしょっちゅう筆を入れたり、あっちを削ったり、こっちをつけ加えたりする。そういうふうな感覚が今は教育からも社会からもかなり消えたんじゃないかという気がする。」


----
人生は自分を一生かけてよくしていく行程。結果はともかく。
posted by Fukutake at 13:39| 日記