2019年01月10日

自分という幻想

「ネコも老人も、役立たずでけっこう」
 養老孟司 NHKネコメンタリー 河出書房新社

「まるは、私の生きることの“ものさし”である」

 自分はナビの矢印

p153〜

 「みなさんには、それぞれ世界があって。それは頭の中にあるわけでしょう。そういうふうに想像することもできる。それは、まさに時間まで含めた四次元なんですよね。そして自分というものは、その空間の中のナビの矢印なんです。
 わかりにくいですか。たいていの人は自分というのは、中身があると思っているからですな。たぶんそれは錯覚です。自分なんて動物でもありますよ。そうでしょう。なぜあるかというと、動物は帰ってくるからです。
 動物には帰巣本能があるでしょう。なぜ帰ることができるかというと、今言ったような地図があって、その中に現在地を示す矢印があるからです。だからナビができるんですよ。現在地を示す矢印がないと、地図は使えないんです。
 我々は頭の中にナビの矢印を持っている。だからそれを地図に乗せると、矢印は自分でしょう。そうじゃないですか。普通はそういうふうに考えないかなあ。
 つまり、言いたいのは、自分というのはたかだかナビの矢印程度のものなんだということです。だけどこれがないと困る。どっちに行ったらいいのかわからなくなる。現に脳に故障を起こした人で、ナビの矢印の部分が壊れたケースがあります。矢印の部分が壊れたらどうなると思います?地図全体が自分になるんですよ。本当になるんだ。それを世界との一体化、宇宙との一体化という。
 世界の中に矢印を置くからその中で行動ができるわけでしょう。でも脳が故障するとその矢印が消えてしまう。これは非常に気持ちがいいんですね。法悦というか、まさに宗教体験ですよ。」

------
神の啓示を受けた(と思える)瞬間

「まる」:養老孟司の愛猫
posted by Fukutake at 12:49| 日記