2018年11月13日

大量殺戮

「共同研究 パル判決書(下)」 東京裁判研究会編 
  講談社学術文庫 1984年
(その9)

原子爆弾の使用

p589〜

 「ドイツ皇帝ウィルヘルム二世は、かの戦争(第一次世界大戦)の初期に、オーストリア皇帝フランツ・ジョゼフにあてて、つぎのようなむねを述べた書簡を送ったと称せられている。すなわち、「予は断腸の思いである。しかしすべては火と剣の生贄とされなければならない。老若男女を問わず殺戮し、一本の木でも、一軒の家でも立っていることを許してはならない。フランス人のような堕落した国民に影響を及ぼしうるただ一つのかような暴虐をもってすれば、戦争は二ヶ月で終焉するであろう。ところが、もし予が人道を考慮することを容認すれば、戦争はいく年間も長引くであろう。したがって予は、みずからの嫌悪の念をも押しきって、前者の方法を選ぶことを余儀なくされたのである。」
 これはかれの残虐な政策を示したものであり、戦争を短期に終わらせるためのこの無差別殺人の政策は、一つの犯罪であると考えられたのである。
 われわれの考察のもとにある太平洋戦争においては、もし前述のドイツ皇帝の書簡に示されてことに近いものがあるとすれば、それは連合国によってなされた原子爆弾使用の決定である。この悲惨な決定に対する判決は後世が下すであろう。
 かような新兵器を使用に対する世人の感情の激発というものが不合理であり、たんに感傷的であるかどうか、また国民全体の戦争遂行の意志を粉砕することをもって勝利をうるという、かような無差別鏖殺(おうさつ)が、法に適ったものとなったかどうかを歴史が示すであろう。「原子爆弾は戦争の性質および軍事目的遂行のための合法的手段にたいするさらに根本的な究明を強要するもの」となったか否かを、いまのところ、ここにおいて考慮する必要なない。
 もし非戦闘員の生命財産の無差別破壊というものが、いまだに戦争において違法であるならば、太平洋戦争においては、この原子爆弾使用の決定が、第一次世界大戦中におけるドイツ皇帝の指令および第二次世界大戦中におけるナチス指導者たちの指令に近似した唯一のものであることを示すだけで、本官の現在の目的のためには十分である。このようなものを現在の被告の所爲には見出しえないのである。」

--------
ナチスの政策=原爆使用の決定

posted by Fukutake at 10:28| 日記