2018年10月31日

司法殺人

「共同研究 パル判決書(下)」 東京裁判研究会編 
  講談社学術文庫 1984年
(その7−1)

ソ連の言いがかり(日露戦争への侵略だとする告発)

 p227〜

 「われわれに親の罪を子にきせる用意があるとしても、一九〇四年ないし一九〇五年、あるいは一九一八年ないし一九二二年のロシアにたいしてとった日本政府の行為または態度、あるいは当時のロシアにたいしてなにか特定のやり方で振舞ったかもしれないところの、当時の「少数一派の軍人」を引き合いに出すことによって、現在の被告に手を伸ばし、あるいはその罪を判断することはできないと思う。
 検察側は、本件(全面的共同謀議に審理)においてこれから取り上げるところの侵略が進展しつつあった歴史的背景を明らかにするものとして、これらの行為をあげようとしたのであって、また検察側が「一般に知られている歴史的諸事件」と名づけたものをわれわれに示そうとしたのである。
 歴史的背景に言及するとことがすこしでも合法的であるとするならば、本官としては、なにゆえに一九〇四年ないし一九〇五年、あるいは一九一八年ないし一九二二年から始めなければならないか、理解しがたいのである。歴史的調査は、極東における現在の状態の原因を理解するために、われわれの助けとなり、それによってこれらを正しい背景のなかにおく場合にだけ関連性があるのである。
 われわれは、二世紀余にわたる厳重な鎖国の後、日本帝国がふたたび外界との関係を結んだというよりは、むしろ正確にいえば結ばされたときから説き起こしてよかろう。そのときの日本は西欧諸国が日本からかちえた条約の諸条件に従わなければならなかったので、その方法たるや後日にいたって、日本がその隣接諸国との関係において模倣したとき、これらの条約を日本に結ばせた当の条約諸国は、それを呼んで侵略的であると評したものである。後には日本を国際社会の一員に加えて、そしてついには第一次世界大戦における五大同盟提携国の一つに入れる結果となった。この新しい関係の起源及び発展を理解するには、われわれの考察を、すくなくともこれらの条約から始めるべきである。

-------
覇権主義(つよい者勝ち)、これが白人世界の真実。
posted by Fukutake at 15:00| 日記