2018年10月22日

張作霖爆殺事件

「共同研究 パル判決書(上)」 東京裁判研究会編 
  講談社学術文庫 1984年
(その4)
全面的共同謀議
−−張作霖爆殺事件について

701p〜
 「検察側がわれわれにいうところによれば、張作霖の殺害は、関東軍が田中(義一)の協力政策に不満を抱き、満州を占領するために兵力を使用することを欲したために、計画されたものであるというのである。
 しかしこの殺人を基礎として、何事にせよ、それをなそうとする企画あるいは計画の存在については、その成功不成功のいかんを問わず、それを立証するためにわれわれのまえに提示することのできる証拠は全然なかったのである。張作霖は死亡し、その死にともなう当然の成り行きとしてその子が後を継いだ。それ以外になんらかの企図、計画あるいは試みがあったことを示すものは、まったくない。また「陸軍」あるいは策謀者らが、張作霖の後継者をかれらの目的達成のために、より好ましい人物とみなしていたことを示すなにものもないのである。この証拠が示す限りでは、訴追されている満州占領を目標として、何事もせず、またその発生は予期されず、企図されなかったのである。
 この事件は、またいわゆる「政府の政策」決定に乗り出したと主張されていることとも(まえの件と)同様に関連がない。田中内閣は崩潰し、浜口内閣が代わって出現した。右の殺害事件は、内閣の崩潰ならびにその次の内閣の登場に間接的に貢献したかもしれない。しかしこれに関する企図、計画、あるいは試み…その成功、不成功のいかんを問わず…を示すなにものも、われわれに提供されていない。張作霖の殺害が、田中内閣の崩壊をもたらすために計画されたものだと、提言するのはばかげたことである。ある一人物もしくは一団の人物を後継内閣に入閣させる計画企図もしくは試みがあったことを示すものは全然ないのである。究極的にはかれらの目的は阻止されたのであるが、それにしても、浜口内閣あるいは出現が確実または有望と見られる他の後継内閣が、かれらのいわゆる予定の計画にとって好都合である策謀者らが期待していたこと、あるいはもくろんでいたことを示すものは全然ない。「田中内閣は陸軍の軍紀を維持するために強硬な懲戒処分を行うことを欲していたので、辞職のやむなきにいたった」という検察側の主張も、この問題に関してなんらのわれわれを裨益するものではない。
 かようにして、訴追された共同謀議の枝節であると称せられるもののいずれとも連繋のない事件は、本件の目的とはなんらの関連がなく、本件でそれが提出されたのは無謀でまた卑怯であるが、まったく関連性のない一事件を、この長い物語にたんに一つ追加することによって、弁護側に不利な偏見を作り出そうというもくろみから出たものに過ぎない。」


----
張作霖の死によって利益を得たのは?
posted by Fukutake at 12:45| 日記