2018年10月01日

倒幕勢力の遠謀

「アジア史概説」 宮崎 市定 著    中公文庫 1987年
(その2)

アジア史における日本 438p〜
 
 「攘夷論の実行が薩長二藩によって強力に支持されたのは、べつの理由があると思われる。鎖国によってもっとも大きな利益を獲得したのは、おそらく薩摩藩であろう。しかし鎖国令は幕府によって実行され、同時に正当な理由を与えられた。幕府がみずから実行した鎖国令をみずから撤回するのに他よりなんら異議をはさむべき余地のないはずであるが、そこにあえて抗議するには何らかの理由を見出さなければならない。そこで攘夷論は勤王論と結びついた。攘夷すなわち勤王であって、幕府は幕府よりもさらに権威ある皇室の命令に従ってあくまで攘夷を遂行しなければならないというのである。
 幕府の開国は外国から強制されたとはいうものの、その結果はかえってアメリカに近い東国を重くし、したがって江戸幕府の地位を強化する結果となることもよく知ったのは、みずから海外貿易を行なっていた薩摩藩であろう。そして同時に開国によってもっとも大きな痛手をこうむるのはまた薩摩藩であろう。かれらはどんな手段に訴えても開国を阻止しなければならない。開国論者はつぎつぎと暗殺の犠牲となってたおれ、勤王攘夷論が世上を風靡したのである。

 幕府が勤王攘夷論と諸外国との板ばさみとなって自滅し、大政奉還実現の後、薩長を中心とする明治維新政府が成立すると、にわかに急角度の転回を行って開国進取の方針が定められたことは、後世の史家を驚かせたが、この態度豹変は、じつはあらかじめ約束された予定の行動であったのではないだろうか。幕府の手による開国は拒否するが、自分が責任者となったときには進んで実行に移すのは、開国の利益を熟知した者にしてはじめてなしうるところである。明治政府の元勲たちは、じつに日本と外国との境界に生まれて、両者の事情をもっとも公平に観察できる境遇にあったことを思えば、かれらの政権掌握とともに、開国の国是が決定されたことは、別に不思議ではなかった。
 このようにして明治維新とともに、日本の最近世史が始まるが、日本社会の後進性はここにも現われて、以後の最近世史的発展の潮流の中に、いぜんとして近世、あるいはさかのぼって中性的要素の残滓さえも混在することを認めないわけにいかなかった。そしてこの事実こそ、われわれの今日の悲劇の一遠因をなすものにほかならない。」

------
明治維新の嘘が今に祟っている。大戦後の嘘とも相まって、日本国全体を劣化させているようだ。
posted by Fukutake at 15:15| 日記