2018年09月21日

王安石

「中国政治論集−王安石ー」 宮崎市定 著 1989年
 中央公論文庫
(その3)

王安石(1021〜1086):「上皇帝万言書」より 宮崎先生の訳注

519p〜
 「王安石が描いた宋代の社会は、千年後の日本に共通な点をもっている。人は欲望に追われて齷齪するが、さてその欲望は考えて見れば、世間に対する見栄が十の八九を占める。別荘や車や衣服はもちろん、食べ物までが他人の意向に左右されるならば、いったい自分の生活には何が残るのだろう。礼制があればこんな問題はいっぺんに片付くところ。共産圏には一種の礼制があるらしい。」

547p〜
 「人材不足の害はかくのごときものがある。しかも現今、公卿大夫の位にある大官たちは、誰も天子の為に遠い将来を見渡し、王朝の為に永遠の計を立てようとする者がいないのは、そもそも何故であろうか。昔、晋の武帝は目前を過ごすことだけを旨として子孫のために遠い将来を計らなかった。在位者もみなその日暮しで、風俗は蕩然と堕落し、礼儀を棄て法制を忘れ、上下共に誤って、それを非とする者がなかったが、少数の識者はまさに乱れんとするのを予見した。果たして海内が大乱に陥り、中国が夷狄と変わらぬ状態が二百年も続いた。…
 いかに王安石でも、よくもこんなに先輩たちを無視したような言葉を臆面もなく言えたものだと思う。もし現在の日本で、省の課長あたりが総理大臣の前でこれと似たような事を言ったら、その結果はどうであろうか。」

----
先生は王安石のファンに違いない。
posted by Fukutake at 10:09| 日記