2018年09月03日

毛沢東語録

「中国政治論集−王安石より毛沢東までー」 宮崎市定 著 1989年
 中央公論文庫

「毛沢東語録」より『反対自由主義』
p61〜

 「さて、以上(「反対自由主義」)を通観すると、ここに列挙された弊害は別に新しいものではなく、従来も絶えず指摘されてきた官場の習気の継続と見るべきものが多い。それが根強い伝統であると同時に、一方からは常に非難の的となり、改革が要求されていた事柄である。毛沢東の言葉は従来の皇帝や、政治の責任者たる大臣の言ってきたことと、実はあまり内容の変わらぬものなのである。それが従来ついに大なる効果を挙げることができなかったのは、要するに権力のあり方に起因するのではあるまいか。権力は強ければ強いほど、また集中すればするほど、権力者の腐敗する虞が多い。旧中国では農業・商業・工業が相当発達を遂げながら、それが政治の系列に従属してしまったため、政治家・官僚の手中にすべてが握られ、権力の集中するところ、官場の習気が育成されたのであった。日本が幕府末年の賄賂政治から明治以降、多少改善の傾向を見せたのは政治系列の権力の外に、陸海軍、財界、司法界、学界などが独立した系列を形成した為といえる。いま再びそれが政治に一元化されそうな傾向が見えるのは遺憾である。ところが、中国においては民国成立以来、国内の分裂と共に政治に対抗する勢力の勃興する気運を見せたのであるが、人民共和国の出現によって、すべてが政治に一元化され、この点においては危険は十分感ぜられるのである。このように考えると、今度の文化大革命の勃発はむしろ歴史的な必然性であったとも言えよう。
 但し、今次の文化大革命が果たして所期の目的を達成することが出来るであろうか。またその目的のために『毛沢東語録』を読ませるような教育方法が、果たしてどこまで有効であろうか。長い人類の歴史を見てきた私の目からすれば、遺憾ながら些か悲観的とならざるを得ない。私はある程度の軍隊生活の経験を有するが、大正末年には、「軍人に賜わりたる勅諭」の類は、別に暗誦を強制されることがなかったが、当時の軍隊幹部はまた人間味があって気風もよかった。「勅諭」が全員に暗誦することを命ぜられるようになって、軍隊はすっかり駄目になっていったのである。」


----
政治至上主義の悲劇
posted by Fukutake at 08:42| 日記