2018年08月16日

国債は国民の借金?(その2)

景気と経済政策」(その2)
  小野善郎 岩波新書 1998年

政府の借金と国の借金の混同


86P〜
 「国債が外国に流れた場合
 国債の元利支払い自体は、国内で納税者から国債保有者への支払いとなり、日本という国全体から見れば、右から左にお金が回っているに過ぎない。それでは、国債を持っている人が外国人であり、そのため国債の元利が外国に支払われる場合には、日本の負担になるように思える。私自身、大蔵官僚や自治官僚の知人から、そうはいっても日本の国債は外国人も買うのだから、やはり彼らに支払うことになって日本の負担になる、といわれたことがある。実は、この場合でも、日本の負担にはならないのである。
 外国人が国債を購入するときには、その国債が新規発行分であれ、いったん日本人に買われた後に外国に売られたものであれ、それを外国人がただで持ち去るわけではない。必ず、それと等価値の外国資産を、日本政府あるいは日本の旧国債保持者に支払って購入するため、国内にその分の外国資産が残るのである。したがって、国債の元利を外国に支払うとともに、それと同価値の外国資産の元利が外国から支払われ、差し引きすれば外国にまったく支払わないのと同じになる。結局、外国人が国債を買っても、日本の負担にはならないのである。
 たとえば、アメリカ人が日本の国債を購入するとしよう。そのとき、アメリカ人はまずドルを売って日本人から円を購入し、その円を日本人に払って日本の国債を購入する。その結果、円はもと通り日本にもどり、アメリカ人の手元には日本の国債が、また日本人の手元にはドルが残る。日本人はドルの現金を保有していても仕方がないから、そのドルを支払ってアメリカ企業の株式か財務省証券を購入する。結局、アメリカ人の手には日本の国債が、日本人の手にはアメリカの株式か財務省証券が残り、将来は国債の利子が日本からアメリカにわたるとともに、アメリカから日本に株式の配当か財務省証券の利子が支払われる。こうして、両国の利子支払い相殺されてしまうのである。」

---
なるほど!


posted by Fukutake at 09:33| 日記