2018年07月30日

アメリカの社会理念

「アメリカの鏡・日本 Mirror for Americans : Japan」その1
ヘレン・ミアーズ (Helen Mears) 伊藤延司 訳 
 メディアファクトリー 1995年

 「占領が終わらなければ、日本人はこの本を日本語で読むことはできない。−ダグラス・マッカーサー(1949年)」

 リーダーの資格  149p〜
 
 「私たち(アメリカ)の戦争・平和政策と計画が日本の将来にとって重要であるなら、アメリカの将来にとっても、計り知れないほど重要である。私たちは計画立案の指導者を自任してきた。しかし、緊張に押し潰されて事実を読み違えるようでは、指導者の地位は非常に危ない。私たちはまた道義の指導者を自認してきた。しかし緊張に押しつぶされて犯した罪を、それでだけでなく、危機が去ったあとに重ねた罪を認めて償うことができなかったために、私たちの道義は厳しくとわれているのだ。
 日本政府の頑迷派に圧力をかけるためなら、女子供の命を蒸発させることも「優れて適切な」手段であるというスチムソン元陸軍長官の言明が、戦争の熱いさなかだけでなく、日本の降伏から一年半も経つというのに、いまだに記事になり、広く容認されている。
 この事実は、私たちの選んだ社会理念が、私たちが思っていたほどには明確ではなかったことを物語っている。ナチスは自分たちの死の収容所を、望ましくもない過剰人口を整理するための「優れて適切な」方法であると信じていた。そのことは誰も疑わない。だからといって、私たちはこの問題をナチの都合のいいようには解釈しない。私たちは収容所を犯罪と呼び、その存在を許したものを犯罪人と呼ぶ。私たちは他国民の罪だけを告発し、自分たちが民主主義の名のもとに犯した罪は自動的に免責されると思っているのだろうか。
 社会「改革」の任務を背負う国民にとっては、これは重大な問題である。昔から力は自ずと腐敗するといわれてきた。ここにいたってもなお、原爆使用の正当性に固執するのは、私たち自身の価値を否定するものだ。私たちがいつまでも倫理の二重基準にしがみついているならば、私たちのように安全が保障されていない国々の人々に向かって、私たち以上に良心的になれとはいえないのである。(次回に続く)

-----
こういう人もいるんですね。
posted by Fukutake at 12:09| 日記