2018年07月17日

楽観バイアス

「ファスト&スロー (あなたの意思はどのように決まるか?)」
 ダニエル・カーネマン 著  村井 章子 訳 早川書房 2014年


 楽観的な起業家

51p〜

 「私たちの大半は、世界を実際よりも安全で親切な場所だとみなし、自分の能力を実際よりも高いと思い、自分の立てた目標を実際以上に達成可能だと考えている。また自分は将来を適切に予測できると過大評価し、その結果として楽観的な自信過剰に陥っている。意思決定におよぼす影響としては、この楽観バイアスは認知バイアスの中でも最も顕著なものと言えるだろう。楽観バイアスは、好ましくもあるが危険でもある。もしあなたが楽観的な性格ならば、それはとてもしあわせなことだが、しかしよくよく注意しなければいけない。

 楽観主義はごくありふれた傾向だが、一部の恵まれた人は、図抜けて楽観的である。生れながらにして楽観バイアスを授かっている人は、「あなたは運がいい」と周りから言われる必要なないだろう。なぜなら、本人がすでにそう思っているからだ。楽観的な性格の多くは親から受け継いだもので、幸福になりやすい気質の一部であり、いつもものごとのよい面を見ようとする傾向を備えている。もしあなたが自分の子供のために一つだけ願いを許されるとしたら、楽観的な性格を授けてもらうことを真剣に考えるべきである。楽観的な人は一般に陽気で楽しく、従って人気者である。失敗しても立ち直りが早く、困難に直面してもへこたれない。こういう人が鬱病になる可能性は低く、免疫システムは強靭だ。めったに病気はせず、自分は他人より健康だと感じており、そして実際に長生きする傾向にある。
 言うまでもなく、楽観的な性格のこうしたよさが発揮されるのは、楽観主義がいきすぎでない人、すなわち現実を見失うことなくプラス思考になれる人に限られる。
 (人々が)何事にも楽観的なのは、おそらく性格に由来する。小さな企業の創業者を対象に行われたある調査では、起業家は人生全般について、中間管理職よりも楽天的であることが判明した。彼らは成功体験を通じて、自分の判断やものごとをコントロールする能力に自信を深める。その自信は、周囲からの賞賛によって一段と強まる。以上の点から、次の仮説を導き出すことができる。多くの人の生活に多大な影響力をおよぼす人たちは、楽天的かつ自信過剰である可能性が高い。また、自覚している以上に多くのリスクをとる。」

---
楽天家の弱点。
posted by Fukutake at 08:02| 日記