2018年07月05日

つまらない仕事はない

「歳を取るのも悪くない」 養老孟司 小島慶子  
 中公新書クラレ 2018年

61p〜
  養老:
  「不自由だと感じる組織にいるからって、何も見つけられないということはないよね。誰でも必ず自分を育てることはできると思う。それが、今はあまり言われなくなっちゃったけど、修行でしょ。やったことが自分の身につくということだね。いい加減にやっていたらまったく身につかないけれど、本気でやれば身につく。これは、たぶん真実だと思います。周囲をきちんと見ていれば、人はいやがってやらないけれど、一番基本的な仕事だと思えるものは、必ず見つけられるはずですよ。

 秀吉の草履取りっていうでしょ。どんな仕事でも全力でやることです、それは修行だし、自分を育ててくれますよ。仕事って、穴を埋めていくようなものだと思います。山を作るのとは違う。穴を埋めておけば、平らになってみんなが歩きやすいでしょ。山を作れば目立つかもしれないけれど、邪魔になったり見通しが悪くなることもあるよね。穴を埋めるのは地味な作業だし、もしかしたら、後から来た人はそこに穴があったことすら気付かないかもしれない。でも、穴を見つけたら埋めていく。それが仕事ですよ。
 その人が埋められる穴もあるだろうし、埋められない穴もある。それに、埋めたい穴と埋めなきゃいけない穴は別のこともある。埋めていくうちに、穴をまちがえた、ということもあるかもしれない。それを一生懸命やれる人が、自分を育てることになるのです。とりあえず雑用をやってみるのは、ためになると思います。ただし、それを雑用だと軽く見て、中途半端にやっても何も身につかない。自分の薬にするためには、雑用こそ必死でやるべきです。」

144p〜
  「今は、なんでも言葉にしなくちゃならない時代だよね。子どもには、自分の意見をきちんと言いなさいと教えている。でも、言葉というのは、意識の中の氷山の一角だと知るべきです。どんなことでも言葉にするべきだという思い込みは間違っていると、僕は思う。だから、自分でどう考えればいいのか、それを教えてくれる言葉など、ないと思った方がいい。
 ただ、一つだけ確かなことがあるとしたら、どういう意味があるかわからないことであっても、それはやっている当人を育てるということです。だから、役に立つとわかっていることだけをやるのはダメ。役に立つのかわからなくても、とにかくやり続けてみるべきで、そうすれば「やった」という事実が残り、その人は育ちます。そうやって育つとともに、自分の頭で考える力がついてくるのです。」

------
養老人生訓。
posted by Fukutake at 08:58| 日記