2018年06月25日

死に至る生

「わたしガンです」−ある精神科医の耐病記−
 頼藤和寛 文春新書 2001年

52p〜

 「…論語に「徳は孤ならず、必ず隣あり」とあるが、ガンも似たようなところがあって、どこかにできたのなら、その近所あるいは体内の別のどこかにもガンや前ガン状態があっても不思議ではない。要するに、ガンというのは何かの間違いで偶然ぽつりとできたデキモノというより、発ガンを許す体質や体調(その代表例は老化である)といった背景の問題を無視できない病態なのだ。発ガン物質や生活習慣が原因だとする素朴な図式を受け入れたとしても、何段階にもわたる遺伝子エラーが蓄積していかないと細胞はガン化しない。その上、遺伝子エラーを修正するメカニズムも故障していなければならない。それどころか健常者の体内でも毎日数百から数千ほどの細胞がガン化しているという。なぜ発病しないかというと、抗腫瘍免疫やその他の修復・防衛機能によってただちに排除ないし是正されてしまうかららしい。これらを総合すると、ガンは局所の病気であると同時に(転移などしなくても、最初から)全身の病いでもあるのだ。我が国や米国で数百万人もいるガン克服者の一部は、そのうち再発ではなく新発生した別のガンで亡くなることが予想されている。そうすると、若者のにきびや乳児の湿疹と同じで、できやすい者は結局できやすいのである。

 それなら予防すればよい、とは言うものの、これがそう簡単ではない。緑黄色野菜をたっぷり摂りさえすれば、煙草をやめさえすれば、あるいはストレスを避けさえすれば、ガンが予防できるといった単純図式は、そうであってほしいと願う人々が抱く都合の良い信念にすぎない。現に、野菜嫌いで愛煙家でストレスまみれなのに一向にガンにならない強運の人もいる。また我が国のガン予防十二カ条や米国お勧めのデザイナーフーズその他、疫学的に裏付けられている「ガンにならない食品・生活習慣」を完全に守ることは並大抵ではない。仮にそれらを徹底できたとしても、まるでその人の人生は単に「ガンにならないためだけに捧げられた一生」みたいなものになってしまう。これは実につまらない一生である。第一、それほどまでしてもガンになる確率を人為的にゼロにすることはできない。そもそも最大のリスク・ファクターは加齢なのである。人も知るように「生きていることは健康にわるい。」第二に、運よくガンにならなかったとしたところで、いずれ脳障害か心臓麻痺か事故か老衰で死ぬと言うことだけのことなのだ。」

------
長生きは健康に毒?!
posted by Fukutake at 08:02| 日記