2018年06月18日

人間は残酷か?

「浮気人類進化論」 −厳しい社会といいかげんな社会 − 竹内久美子
文春文庫 1998年

 103p〜

 「人間がめったに子殺しをしないのはなぜだろう。こんなことを言うと、大方の良識ある人々から「何をばかなことを言っておるのだ!」と一喝されそうな気がする。
 たしかに、誘拐の後、惨殺された子どもであるとか、親が折檻した末、衰弱死した子ども、ひところ流行したコインロッカーベイビーなど、世の中にあってはならない子殺しの話が山ほど転がっている。しかし、人間という動物の本性を問題にする場合、我々はこれらの話が本当によくあることなのかどうか、他の動物とも比較して考えてみなければならない。
 人間は他の大型、中型哺乳類に比べ圧倒的に数が多い。しかも、「浮気するサル」であるため、他人の行動を事細かく観察し、すぐさま情報交換せずにはいられないという困った性癖を身につけてしまった。そこで今や、地球規模での広くて緻密な情報交換網を発達させ、めったに起こらないような事件まで(いや、めったに起こらない事件だからこそであるが…)逐一報道するようになった。情報の受け手は、それらがまるでしょっちゅうどこでも起きているかのような錯覚を覚えるのである。
 このあたりの事情を、アメリカのE.O.ウィルソンは一九七五年に出版された彼の記念碑的大著『社会生物学』(伊藤嘉昭監修、思索社)の中で次のように言い表している。

 仮に火星人の動物学者が地球を訪れ、地球上の動物の一つの種である人間を非常に長期間にわたって観察するなら、単位時間あたり一人あたりの重傷率とか殺害率で測るとして、人間はかなり平和な哺乳類のなかにいると結論するだろう。たとえ、われわれの偶発的な戦争をこみにして平均化したとしてもである。

 この一説には動物行動学の父と言われるコンラート・ローレンツに対する痛烈な批判の気持ちが込められている。それは、名著と言われているローレンツの『攻撃』(みすず書房)を読んだことのある方なら、すぐにお気づきのことだろう。
 ローレンツは、人間の社会は残忍な殺戮に満ちた世界であるが、野生動物の社会はそういうことの防がれている理想の世界だと訴え続けてきた。ところが、ローレンツのこの神話は見事に崩壊した。今や野生動物の世界を美化しようとするのは、野生動物をだしに使って人間批判をしようとする一部の平和主義者か野生動物の真の姿を知ろうとしない偽ナチュラリストだけである。人間にとって子殺しは何かのアクシデントであるというのが動物行動学の今の見方なのである。」

----
野生動物の社会は本当に平和か。
posted by Fukutake at 09:45| 日記