2018年05月28日

医者と患者

「医学に何ができるか」 ルイス・トマス    晶文社 1995年

20 医者が患者になったとき

266P〜

  「医学のなかで学ぶのがむずかしく、教えるのがさらにむずかしいことのひとつは、患者になった時の気持ちはどんなものかということである。昔、だれもが重い病気を経験するのがふつうだった時代には、たいていの医者も少なくともふたつみっつ自分で重病を経験していたので、その病気の患者の気もちはかなりよくわかっていた。二十世紀はじめに育った肺疾患の専門家には、自分が結核になったことからこの分野への興味をもった人が多い。リハビリテーション医学の指導者的人物にはポリオで不自由になった人もいた。この年代の医者はみな、肺炎やチフスを自分自身が直接経験しているか、そうでなければ身近な家族をひとりぐらいはこの病気でうしなっていた。
 いまでは、事情がずいぶんちがっている。致命的あるいはそれに近い病気は老人の病気だけといってよいくらいになってしまった。チフスにかかって、毎日死を目のまえにしながら六週間も八週間も危険な日々をすごしたあと、やっと切りぬけたときには人生を見る目が確実に変わり、まえよりはつよい性格になった自分を発見する、というような経験をすることはもうない。

 集中治療室の電子モニターや、ガンの化学療法薬、現在外科手術の離れわざ、複雑になるいっぽうの医療診断方法の動員など、重病に対処するためにできた技術は講義ノートや教科書でマスターしてからじっさいの患者の治療で修得するのであるが、このような治療を受けることによって患者がじっさいどんな気もちを経験するかについて多少なりともわかる医者の数はごく限られている。はしかや百日咳、水ぼうそうなどのワクチンのおかげで、またとくに連鎖状球菌を容易に制御できるようになったおかげで、幼児の伝染病さえほとんどみられなくなった。ちかごろの若い医者は、耳が痛いというのはどういうことかわからない。鼓膜穿刺が患者にとってどういうものかにいたっては、なおさらわからない。

---
他人の痛みがわかるということ。
posted by Fukutake at 11:39| 日記