2018年05月21日

ガリレオへの判決文

「野に雁が飛ぶとき」キャンベル選集V ジョーゼフ・キャンベル 
 武舎るみ 訳 角川書店 1996年
その2

125p~

意味を持たない象徴

(異端審問宗教裁判所の枢機卿たちは次のような判決を書き残した)
 「フィレンツェの故ヴィンチェンツォ・ガリレイの息子である汝、ガリレオ、七十歳は、一六一五年、本検邪聖省に告訴された。それは、多くの者が説いている偽りの学説、すなわち太陽は世界の中心にあって動かず、地球そのまわりを一昼夜の周期で公転している、という説が真実であると主張したためである。また、前記の説を弟子に教えたこと、ドイツの数学者たちと、前記の学説について文通を続けたこと、太陽黒点に関する書簡を出版し、そのなかで前記の学説を展開したことも、告訴の理由である。さらに、汝の学説に対して、聖書の基づいた異議が頻繁に申し立てられたが、汝自身の解釈に従って聖書にもっともらしい説明をつけることにより、その異議に反論したことも同じく告訴の理由である。告訴の際、以前汝の弟子であった人物に宛てて汝が書いたと称する文書の写しが提出されたが、そのなかで、汝はコペルニクスの仮説に従い、聖書の真の意味と権威に反する数々の主張を盛り込んだ。したがって、(このせいなる法廷は、汝の以上の行為によって生じ、聖なる教義を傷つけ続けている混乱と悪影響に対して、法による禁止措置を講じたい所存であったが)教皇猊下と、万人のための至高の異端審問宗教裁判所の枢機卿にあらせられ、神聖かつ卓越した諸閣下との命により、検邪審問の神学者たちが、太陽の不動と地球の運動の二説について、以下のような評定を下した。
一、 太陽が世界の中心にあり、その位置を動かないとする説は不合理であり、聖書に明らかに反するため、正式に異端である。
二、 地球が世界の中心ではなく、不動ではなく、一昼夜の周期で動いているとする説も不合理であり、哲学的に見て誤りであり、神学的から考えると、ともかく完全に誤りである。

 従って、……われらが主イエズス・キリストと、最も栄光に満ちたその聖母マリアの最も神聖なる御名を唱えつつ、われわれは以下の最終判決を下さす……われわれはこう申し渡し、判決を下し、宣告する---「汝、前記のガリレオは……太陽が世界の中心にあり、東から西へ動いてはいないという学説、ならびに地球は動いており、世界の中心ではないという学説を信じ主張したかどによって本裁判所により著しく異端の嫌疑をかけられた。また、ある学説は、聖書に反すると宣言され、裁判所のよって最終的にそう裁定されたあとも、真である可能性があると主張し、支持することができるため、汝は、聖なる教会法と、その他の一般および特殊の法規において、前記の事項の違反者に対して命じられ告示されているあらゆる譴責と刑罰とを受けることになった」。そこで、もしも汝がわれわれの面前で、偽らぬ心と真の信仰心をもって、カトリックとローマカトリック教会に反する、前期の誤りと異説、ならびにその他すべての誤りと異説を宣誓のうえ放棄し、誤りだと認め、公に非難するならば、われわれは喜んで汝に無罪を申し渡すものである……」

----
覆すのに400年かかりました。
posted by Fukutake at 11:33| 日記