2018年05月14日

消えゆく神話

「野に雁が飛ぶとき」キャンベル選集V ジョーゼフ・キャンベル 
 武舎るみ 訳 角川書店 1996年
その1

 「おとぎ話」

 38P〜

 「…民話や神話の「奇怪で不合理で不自然な」モチーフは、夢とヴィジョンの宝庫から引き出されてくる。こうしたイメージは夢のレベルでは、夢見ている人の心の全体的な状態を表す。しかし、詩人や預言者の手によって、個人レベルのゆがみが除かれた形で示されると、小宇宙である人間の霊的な規範を象徴する存在になる。形而上学的、心理学的、社会学的真理を表すイメージ言語から成る名言となるわけである。そして、この語彙は、原始的なレベルの文化を持つ社会、東洋や古代や中世の社会においては、熟慮され、多少とも理解されていた。それが突如意味を成さないものとなり、ばかげたことだと言われるようになったのは、ごく最近になってのことで、十八世紀の啓蒙運動以降のことに過ぎない。

 物語の起源と意味

 神話とは対照的に民話は娯楽のための物語である。物語を創り、話して聞かせる語り手の技術の甲乙は、聞き手がどの程度楽しめるかで決まる。この場合のモチーフは、神話の木から摘み取られることもあるが、作者の作話技術に神話的秩序があることは厳密に言えない。民話の作者の作品は最終的には、科学や社会学、心理学、形而上学ではなく芸術としてーとりわけ、識別可能な時代と国の個人が創り出した芸術としてー判断しなければならない。つまり、こう自問する必要があるのである。長年にわたってこれらの物語を作り上げてきた語り手たちにインスピレーションを与えたのは、技巧上のどのような原理だったのだろうか、と。

 ヨーロッパのおとぎ話のなかでとりわけすぐれたものを生み出した人々の遠い祖先とも言えるインド、ケルト民族、アラビア、中世の語りの達人達は、いずれは死ぬ運命にある事物を通して、なんとか永遠の存在の輝かしさを示そうとする技を実際に駆使した。そうした人々の作品の特色は、自然主義的ではなく超自然的な精密さであって、彼らの力は教育効果の面から見ると驚異的であった。われわれの目から見ると、このような技と形而上学にはほとんど違いがないように映るかもしれない。というのは、「形而上学的な」という言葉が示す意味は拡大されて、実証主義的な話のレベルに置き換えられないものすべてを含むようになったからである。しかし、ゴート人であれ、東洋人であれ、古代人であれ、トーテム制度の社会に属する人々であれ原始的なレベルの文化を持つ人々であれ、近代以前のタイプに属する人々は概して、超越的なエネルギーが空間と時間という形をとって作用することも当たり前のこととして受け取っていた。…」


-----
「おとぎ話の登場人物は、主としてその魅力ゆえに大事にされた。そのため、神々の王国は現代の精神という『酸』に溶かされてしまった…」
posted by Fukutake at 11:36| 日記