2018年03月07日

空間≠物体

「バカのものさし」 養老孟司  扶桑社文庫 2018 より

(小中学生からの質問に養老先生が答える)その2

85p〜

宇宙のはてはどこか

 「ぼくの娘の話。まだ小さかったころに、「宇宙の果てはどこか」って聞かれました。聞かれたからぼくなりに説明したら、怒ってたね。そんなこと聞きたいんじゃない!って。

 どういうことかと言うと、まず、子どもの頭には前提があるんです。たとえば、自分がここにある紙の上にいるとする、とか、この箱の中にいるとする、とか。で、その紙にも箱にも「へり」、つまり「果て」があるでしょう。それと同じような具合に、宇宙の「へり」つまり「果て」って、どこかにあるんだろう、って思いがちなんだ。
 でもそもそも、へりがあるのは、「物体」なんです。宇宙っていうのは、「物体」が入っている「空間」のことです。だから「物体」をどけてしまうと、その「空間」にはへりも果てもない。はじめっから、そんなもの、ないんです。
 だから、「宇宙の果て」なんて考えるのは、「宇宙」を「物体」とまちがえているわけです。だから、娘の質問自体、まちがってるよ、って言ったら、すごい勢いで怒られました。
 でも、娘にかぎらず、「物体」を考えがながら、なんとなく「空間」っていう概念に気づき始めたころ、この「果て」に関する疑問が頭にわいてくるようですね。
なぜかはよくわかりませんが。」

---
空間には果てがない。空間は物体ではない!

posted by Fukutake at 08:41| 日記