2018年03月05日

こころ(頭)とからだ(もの)

「バカのものさし」 養老孟司  扶桑社文庫 2018

(小中学生からの質問に養老先生が答える)

 「「こころ」と「からだ」って、どうちがうのですか。
 それから「自分」って、こころにあるのですか。からだにあるのですか。とくにこころってどこにあるのか……小さいときから不思議なんです。(15歳 中三・北海道)


 養老孟司
「まず「からだ」。からだっていうのは、人間の感覚でとらえられる世界を指していますね。だって、目という感覚器で見ることができるわけだから。
 ところが、「こころ」っていうのは、目でも、他の感覚器でもとらえられない。感覚でとらえられるものととらえられないもの、こころとからだははまず、そういう大きなちがいがあるでしょう。
 で、キミは、「自分」ってこころにあるのか、からだにあるのかって聞いているけど、それはどちらも自分だ、というしかありません。考えすぎです。

 話はあちこちに飛ぶけれども、そもそも「こころ」がどこにあるのかという質問自体がまちがっています。
 最初に、「こころ」は感覚ではとらえられない、と言いました。
 でもキミは、「こころ」って、ここにある、と言える場所があるものだと思っているんでしょ?
 ものごとには場所があるものとないものがある。感覚でとらえらるものにはほとんど「場所」がありますけど、たとえば、「運動」はどこにあるかって聞かれたら、どうする?だって「運動」って動いて行っちゃうでしょ?だからもともと場所がないんですよ。こういうふうに、場所が特定できない、ということはいくらでもあるんです。
 で、「こころ」っていうのは、わかると思うけれど、「働き」です。言ってしまえば、脳の「機能」です。で、「働き」はどこにある?と聞きますか?なんだか妙でしょ。「運動」がどこにある?って聞くことのヘンさと同じです。
 「こころ」と「からだ」がどうつながっているか、という質問も同じようにちょっとおかしいんです。からだという「もの」とこころという「」働きは別のものなんだから。
 わかりやすく言うとね、キミの質問自体が、キミの「こころの働き」から生まれたものでしょう。キミは眠っているときに、こんな質問はしないよね。でも、キミが眠っていたって、他人から見れば、キミの体はあるわけでしょう。で、どっちもキミでしょうが。
 まあともかく、「場所」があるものとないもの、感覚でとらえらるものと頭の中にしかないものがあるってことは、きちっと理解しておいたほうがいいね。こころとからだ、両方あるから自分、なんだから。」

----
なるほど。
posted by Fukutake at 08:53| 日記