2017年12月27日

見巧者とは

「落葉籠(下)」 森 銑三 (小出昌洋 編) 中公文庫 2009年

 坂元 雪鳥

194P~
 坂元雪鳥能評全集
 「…能を見る機会には戦後恵まれないが、坂元雪鳥さんの能楽に関する著書の一二を読んで大変感心した。この序にと、「坂元雪鳥能評全集」の上下二巻をも通読したら、これはまたこれで実にいいものであった。
 第一に坂元氏の純粋な態度に打たれる。坂元氏は自分の眼で能を見て、思うがままを、率直に述べている。相手がどんな能楽者であろうと、おめず臆せず物がいってある。少しも萎縮したりしない。その反面、素人の能は素人の能として、それも丁寧に見て、素人の芸にはまた玄人も及ばない特別のよさのあることを認めている。そうした坂元氏の人間に好意がもたれる。坂元氏はもともと国学者で、その方面にもしたい仕事を持っていられたというが、その方面には纏まった業績というほどのものもなくて、この「能評全集」が同氏の第一のに挙ぐべき著作となってしまった。しかし氏がその一生を通じて、打込んで能を見て、これだけの能評を残して置かれたというのは、実に有意義なことだったと思わずにはいられない。

 万三郎の羽衣
 明治四十五年一月、梅若会の例会脳に、坂元氏は万三郎の「羽衣」を見て、その最上級の出来栄に、いい尽くされぬ満足感に浸り、こういう出来済ました能に、どこがよいなどと指摘することは不可能だといい、若草の萌ゆる円い山を、花の香のする春風が、静かに撫でて行く、そうした感じの能であった。要所要所を書留めはしたけれど、列挙するとなると、全部書かなくてはならない。『先づ我々が予想し得る出来栄の極致に達したものといへばそれでよい』といい、『この能が済むと、もう何物も見たくなくなった。六郎の望月は白頭と小書にあったにも拘らず、それも見捨てて帰ってしまった』という。後の能を見ないで帰ったというのは、いつまでも万三郎の「羽衣」の能の雰囲気に浸っていたかったのでもあるが、かような記述を読むと、幸福感を満喫してもうこれだけで十分だという坂元氏の気持ちが伝えられて、読む者までが嬉しくなる。」

---
万三郎の能について、小林秀雄も『當麻』に書いてましたね。

posted by Fukutake at 15:44| 日記