2017年12月21日

全てはつながっている

「鏡の伝説(TURBULENT MILLOR)」−カオス・フラクタル理論が自然を見る目を変えたー (その2)

 J.ブリックス+F.D.ピート (高安秀樹+高安美佐子 訳)ダイアモンド社
 1991年

全体論的視点
284p〜
 「『基本的には、すべての物事は一つです。物と物とを区別するような線を引くことは不可能なのです。私たちは、分類することを日常的に行っていますが、これは絶対的なものではありません』と彼女(遺伝学者バーバラ・マックリントック)は述べています。彼女がこのような一体感を持つようになったのは、ある部分(具体的には染色体)を細かく観察した結果でした。本来、彼女の研究は、還元主義的な情熱に支えられていたのですが、彼女は普通の還元主義者とは異なる視点を持っていました。
 『より詳しく研究を進めれば進めるほど、染色体が大きなものに感じてきました。あるとき、研究をしている自分自身が、外部にいるのではなく、そこの中にいるようにすら思えてきたのです。私自身が染色体の一部になったのです。』
 マックリントックは、老子などの哲人や、あの伝説の黄帝のように、還元主義と全体論のはざまに立ったのです。彼女のいう全体感は、<生命の感覚>であり、不確実性、相互関係、相互依存によって自然が成り立っているという直感です。細胞から個体、そして生態系にいたる生命の形態に潜む相互連帯性を求めるのです。『あらゆるものが結びついて一つになっているという認識がなければ、科学は単に、ばらばらになった自然、あるいは自然のほんの一部を見せてくれることしかできないのです』と彼女は言います。さらに彼女は次のように続けます。
 『私たちはこれまで、あまりにひどく環境を破壊し続けてきました。科学技術はよいものだと考えてきたからです。工業的なレベルになって、私たちの科学が浅はかなものであることのしっぺ返しがきたのです。本来、全体の動きを知ってからでなければ部分の動きの意味はわからないのに…私たちは、一部分だけに注目して、他の動きを見ることを忘れていたのです。全体の動きを見ようとしなかったのです』」

---

地球自体が一種の生命体と捉える考え方でしょうか。
posted by Fukutake at 11:51| 日記