2017年11月20日

幻のインタヴュー

「告白」− 三島由紀夫 未公開インタビュー  講談社 2017年

(1970年(昭和45年)に行われたインタビューより)

52p〜

 「ジョン・ベスター(*):日本の憲法が偽善だとおっしゃったんですけど、…むしろインテリのことですか。

三島由紀夫:インテリのことですけど、つまり、なぜ憲法が偽善かというのは、僕はほかの新聞にも書きましたけど、ヤミ食糧取締法というのが戦後あったんです。そして、その法律のとおりにしていると死んじゃうんです。ある裁判官がその法律を一生懸命守っていたら、栄養失調で死んじゃったんですよ。それで新聞にでかでか出たんです。日本中全部でその法律を破っていたんです。ブラックマーケットからおイモを担いて生きていたんです。人間が生きるためには、その法律を破らなければならなかったんです。
 法律か死かという問題は、ソクラテス以来の一番本質的な問題だと思うんです。そうすると、日本の憲法を本当に文字どおりに理解すれば、日本人は絶対に死ぬほかないんです。つまり、自衛隊なんてあってはいけないんです。警察でもあってはいけないかもかもしれません。日本中、完全なオープンカントリーで何もなきゃ、なくてはいけないんです。つまり、日本で今やっていることは全部憲法違反です。僕はそう思いますよ。それをみんな現実として認めていますけど、政府のやっていることも、誰のやっていることも憲法違反です。ですから、死なないために我々は憲法を裏切っているわけですよ。
 そうすると、ヤミ取締法と同じで、法律というものがモラルをだんだんにむしばんでいくんです。我々は死ぬのは嫌だから、仕方がないから抜け道で生きていくんだ。それはソクラテスの死と反対でしょう。ソクラテスのような死に方をしたのがその裁判官で、偉い人ですね。だけど、人間はみんなそうやって死ぬわけにいかないんです。生きなきゃならない。だから、今の憲法では、僕は正当防衛理論が成り立つと思うんですよ。死なないために今の憲法の字句をうまくごまかして自衛隊を持ち、いろんなことをやって日本は存立しているんですね。日本はそういう形で何とか形をつけているんです。でも、それはいけないことだと僕は思うんです。人間のモラルをむしばむんです。
 理想は理想で、僕は立派だと思う。僕は、憲法九条というのが全部いけないと言っているんじゃないんです。つまり、人類が戦争をしないということは立派なことです。平和を守るということは立派なことです。ですが、第二項がいけないでしょう。第二項がアメリカ占領軍が念押しの規定をしているんですよ。…そうやって日本人は二十何年間、ごまかしごまかし生きてきた。これから先もまたごまかして生きて行こうと思ってる…」

 ---
(*)ジョン・ベスター(ウィキペディアより)
「1945年、第二次世界大戦末期に、イギリス海軍の日本語通訳養成に応募し、日本語を学び始める[2]。終戦後、ロンドン大学東洋アフリカ研究所(SOAS)の学部、大学院で学び、1953年に仏教研究を志して来日[3]。やがて大学で教鞭を執ったり、朝日新聞社の英文季刊誌『ジャパン・クォータリー』の翻訳などに関わりながら、日本文学の英語への翻訳を手がけるようになり、1970年代半ば以降は翻訳に専念する[2]。この間、井伏鱒二『黒い雨』、大江健三郎『万延元年のフットボール』ほか、多くの日本近現代文学の作品を英訳した。1980年には、阿川弘之の『山本五十六』を英訳した『The Reluctant Admiral』で日本翻訳出版文化賞を受賞した 1990年、三島由紀夫『三熊野詣』の英訳と長年にわたる日本文学の翻訳紹介活動に対して第1回野間文芸翻訳賞を受賞した」

posted by Fukutake at 08:29| 日記