2017年11月10日

日本人の感性

「日本瞥見記」小泉 八雲 著  平井 呈一 訳 恒文社 1975年

 229P〜

  松江での印象

 「よく夜など、−−ことに祭りの晩などに多いのだが、表の通りで、ちょっとした小さなさしかけ小屋の前を、行人の群が、無言のうちに何かを鑑賞しながら通っていく光景に目のとまることがある。そうした小屋がけのなかを、たまたまのぞいて見ると、そこには草花か、あるいは花の咲いている切りたての美しい木の枝を生けた花瓶が、五ツ六ツ並んでいるだけで、ほかに見るような物は何もない。ほかでもない、これは花の小展覧会なのだ。もっと厳密にいうと、生け花の師匠の技芸を、無料で公開する展覧会なのである。日本人は、われわれ野蛮な西洋人みたいに、花の首をちょん切って、そいつを無意味な色のかたまりにでっち上げるような、ああいう無風流なまねはけっしてしない。そういうことをするには、日本人は、あまりに自然というものを愛しすぎている。かれらは、花のもっている自然の美が、それを挿したり、活けたりする方法如何、あるいはまた、葉と茎のうつりぐあいなどに、いかに因っているかということを、よく心得ている。だから、一本の美しい枝でも、茎でも、日本人は、自然が作ったままのものを選択する。そういうことをまるで知らない西洋人が、こういう展覧会をはじめて見ても、何がなにやらとんと訳がわからないだろう。その点では、諸君は、この国のごくつまらぬ労働者よりもまだ野蛮人なんのだ。しかし、そういう諸君も、こうしたお手軽な展覧会に、日本の大衆が興味をもつことを不思議がっているうちに、おのずと生け花の妙味というものが、諸君の心のなかに芽生えてきて、そこに一つの悟りが開けてくるだろう。そうなると、西洋人はえらいのだという、諸君の西洋人流の自己優越感などはどこへやら、これまで海外の諸国で諸君が見た挿花などは、ここにあるほんの四、五本の自然そのままの花の美しさに比べたら、まるで醜性そのものだということがわかって、それこそ、穴があったらはいりたくなるだろう。それからまた、花のうしろに立てまわしてある、無地か薄青い色の屏風、これがランプや提灯の光をうけて、どれほど花を引きたてているかということにも、諸君は気づかれるだろう。このうしろの屏風は、活けた花の「影」の美しさを見せるために、特にそうした目的をもって立て回してあるのだ。それが証拠には、屏風にうつっている茎や花のくっきりとした影は、どんな西洋の装飾美術家の着想よりも数段まさって美しい。」

----
posted by Fukutake at 11:56| 日記