2017年10月30日

脳のクセ!?

「かくて行動経済学は生まれけり」 マイケル・ルイス  渡会 圭子 訳 
『FACTA』主筆 阿部 重夫(解説) 文藝春秋 2017年
(その1)

「ゲシュタルト心理学」

p75~
 「ゲシュタルト派は、外部からの刺激と、それで生じる人間の感覚との間には、はっきりとした関連はないことを実証した。さまざまな不思議な形で、脳がそこに介入しているのだ。ダニエル(カーネマン)が特に強い印象を受けたのは、ゲシュタルト心理学の研究者たちが、脳の不思議な内部の働きを、読者が実際に経験し、感じられるように説明していたことだった。

 『晴れた夜に空を見上げると、いくつかの星がまとまった形で、周囲から切り離されて見える。たとえばカシオペア座、あるいは北斗七星。遠い過去から人々はそれぞれの星を一つのまとまりとして見てきた。そして今の子どもたちも、何も教えられなくても同じまとまりとして星を見ている。』

 ゲシュタルト心理学の中心にあるのは、行動主義者たちがあえて無視していた問題だった。すなわち、脳はどのように意味を生み出すのか、という問題である。感覚によって集められた断片を、どのように一貫した現実の像にまとめるのか。その像は世界が脳に押しつけるというよりも、むしろ脳が世界に押し付けているように思えることが多いのはなぜなのか。人はどうやってたくさんの記憶のかけらを、筋の通った一つの物語にまとめているのだろうか。目にしたものに対する理解が、そのときの状況によって変わってしまうのはなぜなのか。ヨーロッパでユダヤ人殲滅をもくろむ政党が権力の座に就いたとき、事態の深刻さを受け止めて逃亡したユダヤ人と、とどまって虐殺されたユダヤ人がいたのはなぜか。こうした疑問が、ダニエルを心理学の道へと進ませた。それはどんなに賢いラットでも答えられない問題だ。もし答えがあるとすれば、人間の頭の中でしか見つからない。」
 
----
posted by Fukutake at 08:04| 日記