2017年10月04日

交通事故は簡単には無くならない!

「事故がなくならない理由」〜安全の落とし穴〜  芳賀 繁  PHP新書

事故は無くならない 172p~

 「事故を起こしやすい人はいるだろうか。そういう人をテストで予測できるだろうか。
  確かに、ドライバーの中には「事故反復者」、「事故多発者」と呼ばれている人がいる。交通事故を繰り返し起こす人である。彼らの多くは、衝動的、攻撃的性格を持ち、認知よりも動作優位の傾向があり、ルール軽視、社会性の欠如などの特性を持つといわれる。しかし、彼らが起こす事故は、交通事故のごく一部である。大半の事故は、普通のドライバーの意図しないうっかりミスによって発生している。
 産業界でも、医療現場でも、エラー反復者、いわゆるリピーターがいると信じている安全管理者が多いが、仮にそれが事実だとしても、ミスをリピートする前にテストで彼らを予測してスクリーニングすることはほとんど不可能である。もちろん、職業適性のない人が職についているのは、本人にとっても、同僚や患者にとっても幸せなことではないので、本当にリピーターであるならば、本人と上司、あるいは人事担当者がじっくり話し合う必要があるだろう。
 今日に至るまで、事故者と無事故者の違いを調べるおびただしい数の研究が積み重ねられ、両者を判別するためのたくさんのテストが開発されてきたが、事故防止に直接役立つような成果は一つもない。確かに、平均よりもリスクをよくとる傾向のある人、平均よりもある種のミスをおかしやすい人はいる。しかし、一つのリスク・テイキング行動や一つのエラーが事故に結びつくまでには、他の様々な要因が関与し、偶然や不運も手伝うので、個人差に着目する安全対策は重視すべきでないと筆者は考えている。
 ただし、個人のおかしやすいエラーや違反の傾向や特徴は抽出することができるので、きめ細かい個人指導や教育・訓練のツールとしてテストを利用するのは有効だと考える。
 『エラーや事故を起こすのは一握りの頼りない、できの悪い従業員であり、彼らを職場から追放すれば、システムの安全性は確保できる』という考え方を「腐ったリンゴ理論」という。しかし、リンゴが腐る環境をそのままにしていたのでは、腐ったリンゴを取り除いても、別のリンゴがまた腐るだけである。
 エラーを人より五割多くおかす可能性のある10パーセントの人を見つけて排除するよりも、全員のエラー可能性を10パーセント低減するほうが、システム全体の安全性は確実に向上する。」

---

posted by Fukutake at 15:36| 日記