2017年07月31日

家族システム

「エマニュエル・トッドで読み解く 世界史の深層」鹿島 茂 
ベスト新書 KKベストセラーズ 2017年

トッドに未来予測を可能とする家族システムという概念

絶対核家族 41p〜

 「「絶対核家族」の家族単位は、父、母、子の「核」からなり、親は子に、早い時期から独立を促します。親に頼らず同居することもなく、一人で稼いで生きていけとはっぱをかけるのです。子もまた、それに答えて、あるいは自ら選び取って家を出ていきます。親子のきずなはさほど強くなく、そのぶん、子も親も「自由」を保証されます。結婚後に親と同居することはほとんどありません。


イングランドが絶対核家族となったのは教区簿冊が残っている一六、一七世紀には、確実で、…シェイクスピアが活躍した一六、一七世紀のイングランドの裁判記録に、相続権をめぐる親子の紛争が多数残っているという調査がなされています。親子間での相続訴訟が多い理由は、親が複数いる子どもを相手に自分の財産をオークションに掛け、条件が合わない場合には他人に売り渡してしまうケースが少なくなかったからのようです。これは他の家族類型には見られない特殊な例で、イングランドにおける親子関係が金銭での解決に傾きやすいドライなものだったことを物語っています。


 また、もともと核家族での親子間のつながりは弱いため、世代が断絶しやすい傾向があり、知恵や経験が受け継がれることも多くはありません。早期の独立をすすめる親は、教育という手間暇、費用のかかるものに熱心になることはありません。
 子ども、特に男の子が複数いた場合は、兄弟どうしで遺産を平等に分割するという観念はなく、相続に関しては、兄弟相互が一人占めを狙って「争う」ことも多かったようです。
 この遺産相続の不平等、というよりも平等への無関心から導かれるのが、イングランド型の差異主義です。
 イギリス文学史上で最も偉大な劇作家といえば、シェイクスピアですが、その作品の多くは遺産相続をめぐるドラマでした。代表作『リチャード三世』は、主人公のリチャードが、兄弟親族妻妾かまわず謀殺や虚言をこれでもかと繰り返し、イングランド王位を奪取する悪行譚です。手段を選ばぬ争いと、はてのない欲望は、「絶対核家族」原理の究極的な表出といえます。」


---
自主、独立といえば聞こえは良いですが、…。
posted by Fukutake at 08:28| 日記