2017年05月15日

お追従者の排除

「君主論」マキャベリ 池田 廉 訳 中公文庫 昭和五十年

君主は、お追従者をどのようにしたら避けたらよいか

131p~

 「ここできわめて重大な問題、つまり、君主の避けがたいある過失について、ふれておきたい。この過失は、君主がよほど思慮に富む人か、あるいはりっぱな人選をしていなければ、まぬがれるのは困難なものである。すなわち、宮廷にざらにみかけるお追従者についてである。
 人間は、自分のことになるとまことに身びいきなものである。そこで、その点で人の言うなりにだまされてしまうから、このペスト禍から身を守るのはむずかしい。しかも、汚染から身を守ろうとして、あまく見くびられる危険性もでてくる。というのは、そもそもへつらいから身を守る手段は、ただあなたが真実を告げられても、決して怒るものではないことを人々にわからせる以外にはないからである。ところが、そこで、だれもかもあなたに向かって真実を話していいということになると、あなたへの尊敬の念は失われてしまうものである。
 こう考えてみると、思慮の深い君主のとるべき道は、第三の道でなければならない。すなわち、君主は、国内から賢人たちを選びだして、この人たちだけにあなたに真実を語る自由を認めること、しかも、それは君主が下問する問題にだけかぎって、ほかのことは許さないようにすることである。君主は、そこで諸般のことがらにつき、彼らにたずね、彼らの意見を聞き、そののち、ひとりで自分なりに決断をくださなくてはならない。しかも、こうした助言全体に対しても、また、個々の助言者に対しても、率直に話せば話すほど歓迎されることがめいめいに十分くみとれるように、対処しなくてはいけない。また、彼ら以外にはだれのことばも聞かず、君主自身が決断したことは実行し、その決断に対しては固執して貫かなければいけない。これとはちがったやり方をするのでは、きっと尾追従者におとしいれられ、雑多な意見の出るたびに自分の意見をひるがえして、君主自身に対する人々の評価を落とす結果となる。」


-------
posted by Fukutake at 11:43| 日記