2017年05月01日

帝王学

「中国の古典 貞観政要」湯浅邦弘 角川ソフィア文庫 2017年

人を選ぶ

P141〜

自薦は信用しない

 「貞観十三年、太宗がおそばに仕える臣下たちに言われた。「私は聞いている。太平の後には、必ず大乱があり、大乱の後には、必ず太平があると。大乱の後[となる今]は、これこそ太平の巡り合わせである。天下の安定は、ただ賢人を得られるかどうかにかかっている。公らは、賢人を知ることができず、私もまた、もれなく知ることはできない。日一日[と過ぎていくのに]、人を得る方法がない。そこで今、人に自薦させようと考えた。ことことをどう思うか」。魏徴がお答えして語った。「他人を知ることができるのは知性、自分を知りことができるのは明察です。他人を知ることそれ自体すでに難しいことです。自分自身を知ることは、実にまた容易ではありません。さらに、暗愚の人は、みな自分の才能や善行を誇りがちです。[自薦させれば]おそらくは澆競(ぎょうそう)の風を助長することでしょう。自薦させるべきではありません。」

(書き下し文)
 「貞観十三年、太宗、侍臣に謂て曰く、「朕聞く、太平の後、必ず大乱有り。大乱の後、必ず太平有り。大乱の後は、即ち是れ太平の運なり。能く天下を安んずる者は、惟だ賢才を得るに在り。公等既に賢を知る能わず。朕又徧く識るべからず。日復た一日、人を得るの理無し。今人をして自ら挙げしめんと欲す。事に於て何如。」魏徴対えて曰く、「人を知る者は智、自らを知る者は明。人を知ること既に以て難しと為す。自らを知ること誠に亦易からず。且つ愚暗の人、皆能に矜り善に戈る。恐らくは澆競の風を長ぜん。其の自ら揚げしむべからず。」

----
他人を知ることは難しいが、自分を知ることはもっと難しい。
posted by Fukutake at 06:07| 日記