2023年01月23日

話は残酷のほうがおもしろい

「本は鞄をとびだして」 群ようこ 新潮文庫 平成七年

「グリム童話」噂が一番面白い p180〜

 「醜よりは美、貧よりは富、そして地位や名誉が、昔から延々と語りつがれてきた話のだいたいの基本である。 岩波文庫版の金田鬼一氏の序を読むと、おはなし、童話を指す「メールヒェン」ということばは、語源的に検討すると、「かがやく」「知れわたりたる」という意味の形容詞から、著者ーうわさーうわさの知らせー口誦(こうしょう)、口演、ものがたりとなるそうである。 評判になってしれわたったものは、人々の間にうわさの種をまいて、語りつたえられているうちに、なんらかの点で具合の悪いところは自然に淘汰されて、「おはなし」になったという。 そしてドイツの人々はひまつぶしにこのようなお話を楽しんだ。 つまり口から口へとつたえられた、民間の話が根っこにあったわけである。 私は遅ればせながらこの本の序を読んで、目からウロコが落ちた思いがした。

 アメリカの民俗学者ジャン・ハロルド・ブルンヴァンの都市伝説、都市の噂を集めた、「消えるヒッチハイカー」「チョーキング・ドーベルマン」「メキシコから来たペット」に載っている不気味な話、笑っちゃいけないけど、薄笑いを浮かべたくなるような話。 時代は違えど、人の口から口へと渡ってきたお話は、明らかに類似している。 残酷で差別的で、薄気味悪い。 本来、人間が大好きな部分がたくさんの人の口を経て一つの型になっていく。 それが美しいお話が多いのではなく、金持ちが貧しい人を助けたり醜くても心の美しい娘が王妃になる話ではなく、美人は優しく醜い女は意地悪といった明快な図式。

 悪い奴には慈悲の心などみじんもみせずに、すぐさま命を奪って大喜びする単純さ。 このような話には悪い奴がいなきゃ、面白くないに決まってる。 そして何ともいえない不愉快な雰囲気をかもし出す話。 どれもこれも人間が好きなものばかりだ。
 私はブルンヴァンの本を読み、大喜びして友だちに話を聞かせた。 話をきいた友だちも、大喜びして別の人に話した。
「こんな話、あるのー」
 といいながら、いいことをきいたと、うれしくてたまらない。 きっと大昔のドイツの人々も、ひまつぶしに同じようにしていたのではないだろうか。 釘を打った樽づめにされた母と娘が、川に落ちて死んだ話をきいて、
「へー、気持ち悪い話だねえ」
といいながらも、胸をわくわくさせていたのかと思うと、また改めて噂の本として、グリム童話を全編読みたくなってきたのである。」

-----
正直者が幸せになるより、悪人を殺す話のほうが心に残る。

posted by Fukutake at 09:14| 日記

人間万事タイトル

「冷暖房ナシ」 山本夏彦 文春文庫 1987年

理科系の論文 p68〜

 「理科系の論文は、読者がそれを読むべきか否かをすぐ判断できるように、論文の前に「著者抄録」をつけることになっている。 抄録は著者がその論文の梗概を書いたもので、その最も極端なものは「題」である。 題が論文全体を表現して読者に読ませる力があればこれが最もいい。 次いで副題、さらに梗概の順でそれさえ読めばテキストの最も重要なポイントが分かるようにすべきである。 そのためにはなくてもいい言葉は一つ残らず削る。 また「重要な」「興味ある」というたぐいの形容詞はいっさい書いてはいけない。 興味あることか重要かは読者が判断することで著者がおしつけることではない。

 以下アトランダムに著者*の言葉をあげてみたい。 これによって木下氏の言っていることの半ばが分かると思う。 いわく。

 世間がいそがしくなったので論文の重心は後より前に移った。 著者は最短距離で本論へ導く。 著者が迷い歩いた跡など書くに及ばない。 この文は正確には何を意味するかと自ら問うて自ら答えられないときは省いたほうがいい。 何をさすか分からない英文の it はない。 理解できるように書くだけでなく、誤解できないように書かなければならない。 読者がそれをどういう意味にとるだろうかと、あらゆる可能性を検討する。

 主語は一貫していなければならない。 途中で主語が変わったのに気づかないで書いている人がある。 あとで他人の目で読みなおせば分かるはずだが、自分で自分を校正することは困難である。 著者はそれを書いた当人だから、つい読んでしまって校正者としては不適当である。 そのときは机のなかにおいて、忘れたころ出して読むと他人に近くなるが、全き他人にはなれないから、本当の他人に読んでもらうといい。 その他人は内容をだいたい理解できる人、しかも詳しく知らない人、文章に関心のある人ならなおいい。 ただし一緒に仕事をしている人はいけない。 同じ研究室の人の予備知識には自分と同じ偏りがある。

 こうして添削を加えた文章は心情的要素を犠牲にしても分かることを第一にする。 

 以上ごらんの通り皆みなおぼえておいていいことである。 理科系だろうと文化系だろうと、こうなると同じ注意である。 題がすべてだなんて同感である。 人間万事タイトルだと私は戯れに言ったことがある。 会議に出た同僚は他人ではない。 当事者ではないまでも少し内容を知っているから補って読むから全き他人ではない。 したがって同僚の理解は真の理解ではない。 何も知らないアルバイトの学生に示して釈然としなければその題は分からない題なのである。」

著者*  「「理科系の作文技術」の著者 木下是雄」

---
posted by Fukutake at 09:11| 日記