2022年12月05日

We are mortals

「死ぬことが怖くなくなる たったひとつの方法 ー「あの世」をめぐる対話」 矢作直樹 x 坂本政道 徳間書房 2012年

死ぬけど死にたくない(矢作) p92〜

 「ロバート・モンローの著書なんかを読むと、常識を打ち破っていますね。 でもこれがとても重要な気がします。
 憑依の問題にしても、科学者も医者もまずもって認めません。 不思議な現象があちこちで起きているのに、自分たちの知っている範疇に強引に押し込めようとしますから、これは科学的思考とは言えません。

 AならばB、BならばC、従ってAならばCという整然とした論理があるのだけれど、その一方、ある対象、事象に関してはその論理が適用されない場合、大半の学者は突然、理性的で無くなります。
 どんなものでもそうですが、個人的な感情というか好き嫌いが入ると、途端に理性的に判断できなくなりますし、邪心が働いてダメになります。 これは科学に限ったことではありません。

 そう考えると、死と生というのもある意味、個人的な感情を抜きにして追究していくことが必要なわけです。
 他のテーマやジャンルに関する論議には積極的だったり、すごく雄弁な人が、「あの世」というテーマについて振られると突然、寡黙になったり、キレたり、つまりは一切の情報交流を遮断してしまうのは、もはやその時点で本物の科学者ではないということを意味します。

 一〇〇年後には死んでいるのに、でも何とかそこから逃れようとするという、これはある意味でのパラドックス(妥当と思える推論から受け入れ難い結論が導き出されること)です。
 そんなパラドックス感が人類のほぼすべてに存在するということが、逆に私には不思議でなりません。

 理解するかしないか、受け入れるか入れないかに関係なく、死は誰もが等しく現実に迎えるものであり、そこに執着しなくてもいいのだけれど、心構えとして意識の中に入れておいてもいいではないですか。
 しかし、それさえ拒むというか意識しようとせず、逆にちょっとの先の未来まで不老不死に関する錬金術的な技術が生み出されるのではないか、自分は死ななくて済む、病気で悩まなくて済むのではないかという、妙な期待感を持つ人もたくさんいます。

 そこには多分、誰もが読んで、あるいは聞いて、「なるほどね」と腑に落ちるような書き方で、死を巡るさまざまな論点を解決した人が今まで皆無であることから、難しいのかもしれません。」

-----




posted by Fukutake at 08:28| 日記

このままでいいのか

「核武装論ー当たり前の話をしようではないかー」 西部邁 講談社現代新書 2007年

世論の支配 p150〜

 「オピニオンという言葉は「根拠の定かならぬ思い込み」ということを意味する。 だからそれは、明治の頃、たとえば中江兆民などによって「俗見」と訳されていた。 言葉の意味は文脈に応じて変わるとはいえ、その語の標準的な意味はそういうことだ、と知っている者がどれくらいいるのであろう。 文化系の学者連中においてすら、ほんの僅かに違いない。 なぜといって、彼らは、一年中「世論」を正当性の御印(みしるし)として使用しているからである。

 世論という名のプライマリー・パワー(基礎的権力)に全身全霊を預けておいて反権力を標榜するのがいわゆるレフト(左翼)である、というより近代主義者一般である。 これもまた(権力をめぐる)「イエスとノーの同時存在」にほかならない。 その卑劣と狡猾のおかげで、ソ連が「ペレストロイカ」で崩壊し中国が「改革開放」で資本主義に転換したあとでも、この列島で左翼が我が物顔で世界を闊歩しているのである。

 この男、その相反するものの同時存在を無下に否定していたのでもない。 ゲオルグ・ジンメルが「女性の媚態」の本質は「イエスとノーの同時存在」だといったことを、彼は知っていたのである。 それは、むろん、女性を礼賛する脈絡においてのことである。 それを解釈してみれば、男性が権力を使って女性を守ることについてはイエス、それを誇示して女性にたいして横暴に振る舞うのにはノー、という両面性を女性はその媚態の演じ方において結合している、ということであろう。 だから、上に述べた(理想と現実のあいだの)平衡感覚も、あたかも女性のコケトリー(媚態)のように、アムヴァレンス(両義性)をつねにたっぷりと包み込んでいる、と彼はわきまえていた。

 危機のなかでの決断においては単義的な言葉を吐かずにはおれないであろうが、それとて、「両義を断ち切る」のが決断だ、という流れにおいてのことにすぎないのである。 文化の成熟とはこの両義性を(状況のただなかで、しかも決然たる行為として)表現してみせることのできる(国民)言葉遣いの巧みさのこと、といってよいであろう。 それを実践して生きて死んでやろう、と彼は目論んでいたのだ。

 この男は、十八歳まで吃音患者であったせいなのか、「状況に応じた知恵ある言葉の遣い方」を習得し体現したくて、多方面の学問分野を(薄くではあるが)広く渉猟していた。 また、実践においても、多業種の人々と(社交を楽しむという形で)接触するのを好んでいた。
 その割には言葉遣いが下手ではないかというこの男を難詰するのは酷である。 この男には自分の(言葉遣いにおける)能力を表現し切る場が与えられていないのだ。 大衆社会の必然として、あるいは古今東西の「世の中」というものの掟として、あらゆるメディアが、「単純模型の大量流行」から逸脱する類の表現を拒絶する傾向にあるのである。」

----
自決への覚悟



posted by Fukutake at 08:20| 日記