2022年12月01日

傲慢とケチ

「伝習録 −「陽明学」の真髄−」 吉田公平 タチバナ教養文庫 平成七年

p350〜
 「心とは心臓のことではない。あらゆる知覚作用の主体者が心なのだ。耳目が視聴作用をはたらかし、手足が痛痒を感じたりするが、耳目手足が知覚するのは、心が知覚させているからなのである。」

p389〜
 「先生がいわれた、「人生最大の病患は、傲慢の一事に尽きる。子でありながら傲慢であると必ず不孝をしでかし、臣でありながら傲慢であると必ず不忠をしでかし、父でありながら傲慢であると必ず不慈をしでかし、友でありながら傲慢であると必ず不信をしでかすことになる。だから、象*(しょう)と丹朱*(たんしゅ)がともに不肖であったのも、この傲慢の一事が原因であんな一生に終わってしまったのだ。諸君はつねづねこのことをとくとくわきまえなくてはならない。人間の人格はもともと天が然らしめた理法としてあるから、精一明澄であり、微塵も作為の介入する余地のない、無我そのものなのである。心中に絶対に我が有ってはいけない。有るとそれが傲慢となるのだ。古代の聖人たちの多くのすぐれた所とは、やはり無我であったからこそなのである。無我であればおのずから謙譲にできる。謙譲こそが全ての善の基礎であり、傲慢こそ全ての悪の首魁なのだよ」と」

象*と丹朱* : 象は舜の異母兄弟、丹朱は堯の子。両者傲慢であった。
-----
ケチ(吝嗇)と自慢(傲慢)は人の一番嫌うところ。

論語にも「子曰く、もし周公の才の美有るも、驕り且つ吝ならしめば、其の余は観るに足らざるのみ。」とある。【泰伯第八】



posted by Fukutake at 11:33| 日記

夜蜘蛛

「周防大島昔話集」 宮本常一 河出文庫 2012年

食わず女房 p57〜

 「昔の事じゃがの。
 爺さァ食うものを食わん嫁が欲しいっていいよったら、山ン婆が女(おなご)に化けてやって来て「おらァ嫁にしてつかされ、食うものを食わずに働くけ」つて、嫁になったんといの。へがじゃ(しかし)山ン姥の事じゃけえ、爺さァの留守に米を一升ずつ炊いちゃ食いようったげな。そがいな事をされたら、家が貧乏なじゃけにすぐ爺さも気がつくわいの。「こんな外道奴ァ、どうでも怪しいもんにちがいない」ともうて、山へ行きしなにはがま*を見たら、小豆が一ぱい入れちゃるけえ、塩を握り込うで、山に行く様なふうをして、天井へ上がって見ようったげな。

 山ン姥はそがいな事たァ知らんけえ、爺さァが出て行くと、直きの間(すぐ)火床の下をどんどんたき出して、「はい(早く)出来出来、爺さァが戻らんうちにはい出来い」つうて木をくべるげなが、塩を入れちゃるけえ、小豆はいつまでたってもたっても煮えんのでごいす。小豆つもナァ塩を入れたら、煮えるもんじゃごいせん。爺さァはそりょォ、二階で見ようってあんまりおかしいけつい笑うたげな。そがひた(そうした)所が、山ン姥はそれを知って、笑うナァ誰かつうて天井を見たんでごいす。天井にやァ爺さァがおりやしょうが、爺さァはいきなり山ン姥に引きずり下ろされて、うすの中へ入れられて、どんどん負うて行かえたんでごいす。

 ところがうすがあんまり重たいけえ、山ン姥はゆずの木の下へうすを下ろして休うだげな。其の間に爺さァは、ソーっとうすからぬけだして、ゆずの木の上に上ったんでごいす。山ン姥は、そがいな事たァ知らんけえ「休んだら軽うなった」つうて山の方へ行ったんでごいす。

 山へ戻ってうすを見ると爺さんがおらんもんじゃけえ、又ごんごん追いかけてやって来たした。そうして休うだ所へ来てゆずの木を見りゃ爺さァが高い所におりやしょうが(おるでしょうが)。山ン姥が登ろうともうたが、ゆずにクイ(とげ)がごいす。山ン姥はクイが一番どでごいすけ、よう登りやせん。しょう事なしに「こいさり(今夜)かたきをとちゃるけえ」つうて山の方へ行きやした。「しょうことなしのゆずの木」つう事をよういいますが、あれはこの時からいう様になったんでごいす。

 さてその晩爺さァはかたきをとられん様に、隣近所の人々をようで来て、ゆるい(広い)いろり火をどんどんたいてあたりようったら、天井から自在をほうて爺さァの前へクモがぶらさがったでごいす。爺さァが早速皆にいうて、クモを取り押さえさして殺して見ると、それが山ん姥でごいしたございました)。
 夜クモは親に似ちょっても殺せつなァこの時からでごいす。」

(山西老婆から聞く。橘町油良。)
• はがま(羽釜)* 中ほどにつば(=羽)が付いていて、かまどにはめ込んで飯が炊ける釜(かま)。

------
夜蜘蛛は殺せ。
posted by Fukutake at 11:29| 日記