2021年07月16日

結婚式で校歌

「交差点で石蹴り」 群ようこ 新潮文庫 平成十年

校歌 p181〜

 「このごろは友だちがみんな中年になったものだから、結婚式に呼ばれることもなくなったが、かつて結婚式に出席したとき、不思議に感じていたことがある。新郎の友人が余興として、出身校の校歌を歌う場合があるのだが、その校歌を歌う人々の出身校が、間違いなく偏差値が高いといわれている大学だったからだ。

 高卒の新郎の場合、あるいは大卒でもそれほど有名でない学校の場合は、校歌は歌われなかった。合格したと話を聞いて、「まあ、たいしたもんだわね」といわれるような学校を卒業した男性たちのみ、得意気に校歌を歌うでのあった。
 私は社会人になったら、どこの学校を出たとか、どれだけ学校で成績がよかったなど、全く関係ないと思っている。それが証拠に、有名な大学を出ていてお勉強はできるけれど、とんでもなくアホな人を山ほど見ているからである。

 それが社会人になって、何年もたっているというのに、結婚式の披露宴で学校の校歌を歌うなんて、どうかしているのではないかと、いつも思っていたのだ。彼らは偏差値の高い大学を出て、自慢なのだろう。しかし、その反面、社会人になってもまだ、学校をひきずっているなんて、そんなに今やっている社会人としての自分の仕事に、自信がないんだろうかと勘繰りたくもなる。そういうことは恥ずかしいと、わからないのかなあと、私は胸を張って歌われる校歌の合唱を、うんざりしながら聞いていたのである。

 私が書く仕事をはじめたころ、取材の仕事があって、初対面の年下の男性編集者と組んだ。たまたまそのときは、いつもの連載の担当者が海外出張で同行できなかったため、ピンチヒッターとして登場したのだ。彼は会うなり、私の出身校を聞いた。そして、自分の出身校や、自分の妹の出身校、家の建坪などをとくとくと話しはじめた。
「兄妹揃って優秀なのねえ」私は嫌味をいったつもりだったのに、本人は全く気がつかず、「へへへ」と頭をかいて喜んでいたのだった。

 連載の担当者との話し合いでは、三日間に分けて取材するスケジュールだったのだが、彼に、「あんたのために、三日も取材につきあえないんですよね」といわれ、私は朝の五時から十一時すぎまで、ぶっ通しで取材することになった。そんなに彼が仕事で忙しいのかと思ったら、彼は母校の早慶戦を見にいくために、私にそういったのが、後日、判明したのである。彼はにこにこしながら、「いつも早慶戦のときは、女の子たちがお弁当を作ってきてくれるんです」と、取材のときも心ここにあらずといった感じであった。
 私はこのことで、偏差値と仕事の能力、賢さは正比例しないということを、あらためて確認した。」

----


posted by Fukutake at 15:32| 日記

二.二六事件

「利用とあこがれ」三島由紀夫 「三島由紀夫全集31」  新潮社 1975年

p9〜
 「最近讀んだ本で、末松太平氏の「私の昭和史」ほど、深い感銘を與へられた本はない。軍人の書いた文章と思へぬほど、見事な洗練された文章であり、話者の「私」の位置決定も正確なら、淡々たる叙述のうちに哀切な抒情がにじみ出てゐるのも心憎く、立派な一編の文学である。殊に全篇を讀み来たつて、エピロオグの「大岸頼好の死」の章にいたつたときの、パセティックで、しかも残酷な印象は比類がない。

 これは二・二六事件の關係者で、おそらく唯一人の生き残りの、かつての「青年将校」が、冷静に當時の自分の周圍を描き出したいはば回想録である。しかしこんな新鮮な回想録といふものもまた珍しい。

 著者が自己の純潔な心情を信じてゐるのは、讀者もそのまま信じてよいわけであるが、過去のこれほどの冷静周到な分析と、かつて一青年の心に燃えた純潔な炎とは、讀後、どうしても相矛盾する感を否めない。著者自身もそれを承知してゐて、とりわけ美しい冒頭の數章の中で、「青年将校運動といはれたものも、かういつた左翼の地下運動まがひの時代が、むしろ内容として充實してゐて、これからあとのブーム時代は、革新といふ意味からいへば、むしろ後退した」と述べている。

 さて、これからは、今日の問題である。
 この本の中で、青年将校たちが上官からちやほやされ、こはもてするのは、もちろん利用價値があつたからであるが、結局は、軍隊といふ特殊な一社會集團において、その集團のモラリティー(士道)を體現するものと目されたからである。
 この社會集團には、厳しい規律もあり、階級制度もあり、立身出世主義も功利主義もあるが、それらはいづれもこの集團の本質的特徴をなすものではなく、最後にのこる本質的特徴としてはモラリティー(士道)しかないことを、誰しもみとめざるをえず、しかもその行動的倫理の實現の可能性は、何をしでかすかわからない危険な「青年将校」の中にしかないことを、暗黙の裡にみとめ合つてゐたからである。軍上層部の心理としては、かれらを利用することと、かれらにあこがれることとは、ほとんど同義語であつたと考へてよい。

 しかし、問題はただ、昔の軍隊にとどまらず、社會が、その立脚すべき眞のモラリティーの保持者を求めて動揺するときには、(そして、宗教も何らその要求にこたへないときには、)すべては似たやうなメカニズムにおいて動く。安保闘争のとき、全學連主流派に對して、田中清玄氏が資金を提供したといふ興味あるニュースは、このことを暗示してゐる。
 社會の上層部の道徳的自己疎外(あへて腐敗とは云はない)は、隠密に、何ものかを利用しようとし、何ものかにあこがれてゐる。あとはただ、誰がその場所に立つてゐるか、といふだけのことである。」

(<初出>中央公論・昭和三十八年五月)

-----
行動にうつる時までの思想が純粋で、そのあとはいろんなしがらみで押し流されていくようだ。

posted by Fukutake at 09:40| 日記