2021年07月07日

怒り

「裁かれた戦争」 アラン 白井成雄訳 小沢書店 1986年

プラトン p45〜

 「最近の哲学者は人間の本性をうまく描いていない。彼らは欲望・欲求と理性と対置させる。だが、戦争の原因を追求するには、これではとても不十分だ。なぜなら、人間は利害から、つまり欲望のために戦争をするといっても無意味だからである。死なないこと、これがあらゆる欲望の根底にある第一の欲望である。とすれば、理性の側に戦争の原因を求めるべきであろうか。そうすると、権利と力は協調可能だという危険なソフィズムが誕生してしまう。要するに、殺し殺されるという兵士の義務を考えるに当って、余りにも粗雑な心理学が土台にされているのだ。

 プラトンの方がこの理性的動物をより良く分析した。彼は頭を腹の上に置くようなことはしなかった。否、逆に彼は頭と腹をつんぐ部分、つまり胸部に注目し、諸情念をかきたてる怒りに注目するのだ。誰でも欲望・欲求が理性に強力に対立することは十分承知している。本能が飢え、渇き、あるいは寒さにふるえ、眠りを欲する時、一体理性に何ができよう。だが怒りははるかに恐ろしい、なぜなら怒りを静めるものは何一つないからだ。怒り、あるいは激情の原因は貧困や飢饉にあるのではなく、反対に豊かさにある。私のいう豊かさとは使い道のない蓄積された力のことだ。こうなると、ほんの些細な原因から手足は震えだす。力あふれる心臓がまずもって手足に血液を送りこみ、これを刺激する。身体全体が次第に揺り動かされてくる。こうして有害無益な作用が身体の鋭敏な部分を刺激する。その結果、我々は体中をはげしく掻きむしることになる。これは痒みを一時的に静めはするが、同時に倍加させてしまう。そして、余りにも知られていないメカニズムにより、のぼせ上った頭に種々の理屈があっという間に押し寄せてくるのだが、こうした理屈は強烈で、目映いほどだ。と言うのも、怒りは、こうした理屈を赤く照らし出し、至極当然なものと思わせてしまうからだ。…

 個人における怒りの姿と、社会における動員の姿と、この二つの現象を同時に、明確に描き出してはいないだろうか。いずれの場合も見られるのは怒りであり、怒りは人を興奮させ、歩みだしたら止まらない。他所を探しても無駄だ。軍神マルスは腹部にではなく胸部に住みついている。」

------
ユダヤ人への、有色人種への怒り。割りを食ったという妄想。これが戦争の原因。

posted by Fukutake at 10:42| 日記