2021年04月12日

キョウダイ殺し

「遺伝子が解く! 美人の体」 竹内久美子 文春文庫 2011年

p288〜

 「イヌワシの利己的な死

 問い:イヌワシは、たいてい卵を二つ産むとか。そのふ化するとき、先にかえったヒナの方が後の方のヒナをクチバシで突いていじめて、殺してしまうとのこと。しかも親は知らん顔をしてるとか。イヌワシは最初から一羽しか育てる気がないのですか?

 答え:イヌワシに限らず、キョウダイ殺しは大型のワシによく見られます。イヌワシは他のワシ、タカの類と同様、一夫一妻の鳥。繁殖に失敗すると次の年に相手を変えることもありますが、普通、生涯にわたり同じ相手とつがう。
 巣は南向きの断崖の岩棚に、枯枝などを積み重ねて作り、卵はたいてい二個…。しかも二卵目を一卵目の三〜五日後とずらして産み、抱卵は二卵目を産み終えてから始めるのではなく、産んだそばからする。
 ということは、一卵目が先にふ化し、その三〜五日後に二卵目がふ化する。その二卵目がふ化した際、最初にふ化したヒナは既に数日間エサをもらっているので二羽のヒナには体格の違いがある。ここがポイントです。
 体の大きい兄(姉)は、体が小さく、力の弱い弟(妹)をいじめ、突き回して、ついには衰弱死させます。親は見て見ぬふりで、死んだ子を食べることもしばしばです。
 実は、親は普通二羽育てるつもりはないし、二羽とも立派に育つのはそもそも、無理な環境にあるのです。
 じゃあ、なぜわざわざ二卵産んで、一羽目に二羽目を殺させたりするのか?
そもそも一個しか産まないなんて、あまりにも無謀。その個体がふ化しなかったり、ふ化しても死んだら終わり。そこで二個産んで、一羽目は丈夫そうなら二羽目を無きものにする。その大丈夫さ加減を、弟(妹)を殺せるかどうかによって確かめているわけです。

 もちろん上の子が下の子をいじめるのを阻止するなどし、二羽とも育てようとする道がないこともない。でも、どうしてもエサが不足し、二羽とも死んでしまうという最悪の事態に陥ることもあるでしょう。
 いや、仮に二羽とも育つとしてもです。両方ともが十分に体を発達させることは難しい。将来の繁殖における競争で勝てる見込みは少ない(特にイヌワシ界では)。

 そうすると結局、二羽目は一羽目に攻撃され、早々に死んだ方が、(自身が)生き延びるよりもむしろ自分の遺伝子をよく残すことができるという、一見不思議な論理に到達します。
 つまり、キョウダイによって間接的に自分の遺伝子を残してもらう。遺伝子という点に立てば、その死は「利己的な」ことなのです。」

-----
遺伝子が残れば死んでも可なり。

posted by Fukutake at 08:14| 日記

2021年04月11日

英霊の声

「英霊の言乃葉(8)」 靖国神社

海軍少尉 瀧澤 光雄 命
(昭和十九年十月二十五日 比島方面にて戦死 長野県埴科郡出身 二十歳)

 「元気で行って参ります。
二三年来は、御両親及び兄上達より、事毎に至らぬ事が多いため、注意を受けて来ましたが、此の度、此の汚名を悉く拭ふ時が来たと喜びに耐へません。

 伸び行く物は、其の前に必ず収縮するものです。鎖国といふ収縮の状態が有つてこそ、維新の折にあれほど日本は伸び得たのです。其の通り、光雄にも至らぬ時代、不孝の時代は有りました。然し其れは、私の将来の洋々たる伸びに対する準備期であつたのだとお考へ、お許しください。

 勿論、伸びは無料では得られません。熱、努力、服従、忍耐等あらゆる犠牲的精神を要します。けれど、決して御心配なさいますな。光雄には、確固たる自信が有ります。信念が有ります。どうか、御両親様には、深い信頼の眼で光雄の将来を御期待ください。
 では、父上様は御老体と血圧が高いのですから、御無理をなさらずくれぐれも食物に御注意ください。御両親様並びに吾が親愛なる同朋諸兄の健在を祝福して筆を擱きます。

   つるぎ太刀腰にとり佩きすめらぎの
   御門を守り吾を措きて人はあらじ

十七年三月三十日
                             光雄 拝」


-----
ご冥福をお祈りします
posted by Fukutake at 10:42| 日記

2021年04月10日

人付き合いについて

「ベーコン」 世界の名著25 責任編集 福原麟太郎 中央公論社 

随筆集より「身だしなみについて」 p218〜

 「ただ、まじめだけという人は、ひどく、たくさんのいろいろの特性をもっている必要があるだろう。たとえば、引きたてるための下敷きなしにしておく宝石は、非常にりっぱなものである必要があるのと同じである。しかし、人がよく注意するなら、人に対する賞賛や喝采は、ものを得ることやもうけることと同じである。というのは「少しずつもうけが重い財布になる」という諺は、真実である。少しずつのもうけは、しじゅう起こる。しかし大きなのは、ときたまにしか起こらないからである。だから、真実だといえるのだが、小さな問題が、大きな喝采を得るのはしじゅう起こっており、注意を惹くからである。ところが、何か大きな徳性の機会は、お祭りのときといっていいくらいしか、めったに起こるものではないのである。だから、人の名声を非常に増すことになるものであり、絶えることのない推薦状みたいなものであるといえるのが、よい身だしなみをもっているということなのである。

 それらを身につけるのには、それらを、ばかにしないことでも、十分といえるくらいである。というのは、そうすれば、他人の内にあるそういうものを人は注意して見るようになるだろう。そして他のことは自分の思うとおりにやるようにさせればよい。というのは、あまり骨を折って、それらをあらわそうとすれば、その品のよさを失うことになるだろう。それには、自然で気どりのないことが大切なのである。ある人々の動作の中には、韻文の場合の一つ一つの綴りが韻律をふんでいるみたいなものもある。心を小さな観察に向けすぎる人間が、どうして大きな問題をつかむことができようか。…

 一般に他人のいうことに賛成しながら、しかし、自分自身のことも少しつけ加えるというのが、心がまえとしてよい。たとえば、相手の意見を認めるのであれば、何か同時にちがったことをいうのである。相手の申し出に従うなら、条件をつけるようにするのである。相手の忠告をいれるなら、さらにそれ以上の理屈を述べてのうえでそうするのである。人は、ほめるときに、あまり完全になりすぎないように注意する必要がある。というのは、それらの人は、他の点でも、いくら有能であるにしても、ねたむ者は、そんなふうに、ほめすぎる性質が、その人たちにあるというようになるにきまっている。…
  賢明な人は、機会を見つけるというより、むしろつくるものである。人の行動は着物と同じものでありたい。あまりにきゅうくつすぎたり、きちょうめんすぎるのでなく、自由で運動ができ。動作の楽なものがよい。」

-----
他人に対しては、少し親しみやすくしながら、威厳をもて。

posted by Fukutake at 19:51| 日記